ゆったりしてる暇はある

 

主に映画の感想だと思いますが、その他の事もダラダラ書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

学校生活唯一の歓び。 

警告!》今回の記事はかなり支離滅裂で、正直なんだかよくわかりません。でも僕の性格の悪さだけは伝わってくる文章ですので読まないでいいかもしれません。



十代のみんな!卒業おめでとう!!

「いえーい!」


だなんて天下のyou伊東様が言うとでも思ったか!!そのまま学校生活の無限ループ地獄に堕ちてしまえ!そして、なんなんだこの画像。こんな虫酸が走る画像もないな。代わりに






これは映画『スペースインベーダー』より、火星人に洗脳されたルイーズ・フレッチャーがカエルを食べるという、映画史に残る名場面。どんな美しい画像もこの画像の前にはこの世の藻屑と化してしまうんだぞ!!どうだ!ザマミロ!!


はい、学校生活や十代の話題になると非常に性格が悪くなる(普段からそうなんだよ)you伊東です。今年の一番始めに書いた記事とか酷いですね。さぞ不快になった方も多いと思います。それくらい、同年代および学校というものを心底憎悪しているんです。本当にごめんなさい。

だから、僕にとっては『今日、恋をはじめます』勝手に始めろとかね、ああいう「学校生活楽しい×恋愛もの」ってSFなんですよ。『スターウォーズ』とかと同じ。いや、むしろ『スターウォーズ』の方が僕にとっては現実味があるくらい。

でもね、最初に書いた「卒業おめでとう!!」というのは、僕の本心です。嘘はないです。なぜなら僕にとって学校生活唯一の歓びは卒業式だから。

とは言っても、卒業式は小学校と中学校での二回だけしか経験ないです。高校は中退したので卒業式のことは全くわかりませんが。


でね、いかに学校生活が地獄だったか、そして卒業式は楽しかった話をここから書いていこうと思うのですが、そういうことを書くうえでスゲェー嫌なのはただ単にひねくれ者だと思われること。あのねぇ、僕は別にひねくれてなんかいないですよ。むしろ、ひねくれ者大っ嫌いですよ。友達だって欲しかったですよ。学校生活楽しみかったですよ!!

『アフタースクール』って映画あるじゃないですか。『運命じゃない人』の内田けんじ監督の。僕『運命じゃない人』は大好きなんですけど、『アフタースクール』大嫌いでして。最後に大泉洋さん演じる教師が、悪役というよりひねくれ者な感じの佐々木蔵之助さんにこんなこと言うんですね

「お前みたいな生徒、クラスに必ず一人はいるんだ。全部わかったような顔して、勝手にひがんで。でも学校がつまらないのは、学校のせいじゃない。お前がつまんないのは、お前のせいだ」


このセリフを聞いたとき当時中二だった僕

状態ですよ。しかも、このセリフを大泉洋が言うんですよ。あのチンチクリンが。(大泉洋ファンの皆さんごめんなさい)学校がつまらないのは学校のせ・い・だーー!!!と言ってやりたくなりますね。ああ腹立つセリフ。



なんか、いつも以上に脱線しまくっていますけど、僕の場合はいじめられていたので、学校がつまるつまらない以前に心底辛かったので、ほんと地獄でしたね。


特に中学時代。あまりにも辛かったので、中三の一年間の間に三回自殺未遂を起こしましたからね。だから、修学旅行も行っていないんです。京都で芸者さん遊びしていないのです!!ヽ(TДT)ノチクショー(当たり前だよ)

高校受験に合格してからはほとんど学校行かなくなりました。大体サボって新宿行ったり図書館行ったりしてましたね。卒業式の練習一回も出ませんでしたし。卒業式当日だけ当校してぶっつけ本番。


でね、その卒業式でなにに笑ったって普段俺をいじめる不良ほどどろどろ大泣きしていること!ああ可笑しい可笑しい。


って、結局ただ単にひねくれ者な嫌なやつに戻ったところで、このまま開き直りますし、どんどん支離滅裂な文章にしていきますが、お笑い芸人の品川ヒロシさんが監督した『ドロップ』って映画あるじゃないですか。好きな方には申し訳ありませんが、あの映画は僕の生涯ワースト映画でして、もう僕の大っっっっっ嫌いなモノの大盛りどんぶり汁だく映画なんですね。


まず、あの映画の根本のテーマ不良=カッコいい。これも単なる幻想ですね。人から金カツアゲしたり、殴ったりしただけで自分が強いだなんて思うって。人の心を傷つけてる時点でカッコいいわけないですからね。勘違いもいいとこ。バカも休み休みにしていただきたいですが、あの映画で僕がもっとも腹立たしかったのは、たしか中盤。主人公達が卒業式をサボって土手でダラダラしているところに、以前このブログで悪口じゃなかった批判をしたような記憶があるような気がする上地なんとかがやってきて「卒業式は思い出になるんだから出とけよ」的なうんたらを言うわけですよ。そしたら、まぁ案の定「まったく、うっせーな」的な反応しておきながら、渋々卒業式に行くわけですよ。

すると、なんとあんな不良達の目から一粒のが・・・「こんな不良達でも心はピュアなんだよね」という品川監督のメッセージなんでしょうね~。そこに世の中の不良は照れながら「けっ実はそうなんだよ(頭をぽりぽり)」そして、その不良の姿に世の淑女達はうっとり・・・・



バーカ。気持ち悪りいんだよ。卒業式で泣いたって、今までの学校生活では俺をプールに落としたり、ロッカーに突き飛ばしたり、通りすがりに殴ったり、唾かけてきたくせに卒業式で泣けば「俺らいい青春送ったよな」モードに浸れる陰でテメェらのお陰で涙なんか微塵も出ないほど、日々血の涙を流してる奴がいることを忘れるなよ小澤!!!!


って実名が出ちゃったよ。しかも『ドロップ』の世界と自分の青春を完全に混同しました。『ドロップ』ファンの皆さんごめんなさい。



ああ、しかし久々に青春FuckOffモードに突入したので、このままじゃマズイ。己の中の大魔神を静めるためにこういう時にぴったりな映画を観ましょう。『デビルスピーク』かぁ『キャリー』かぁ『悪魔の毒々モンスター』あるいは『悪魔の毒々ハイスクール』かぁ『アニマルハウス』かぁ・・・


って、まぁそんな出オチみたいな映画ばっか観てもしょうがないですし、ちょうどコメントで、よくtwitterで一方的に絡ませて頂いているうえに、これまた一方的に気が合いそうだなと思っているシミュラクラさんから「卒業なんちゃらな時期に観たい映画は?」というご質問を受けたので、ちょうどいい機会ですから割と真面目に「卒業式なんかFuckOff!学校なんか卒業しちゃえばなーんにも関係ねぇ!」映画(だと勝手に解釈している)を最後に紹介します。




『ロミーとミッシェルの場合』

この映画は本当に大好きです。ちょっとというか、かなり僕が去年のベスト映画にした『ヤングアダルト』と似たテーマの映画だと思います。


ざっくりしたお話

ロミーとミッシェルは高校生時代からの親友。今は二人で悠々自適にというか、まともな職にも就かず、お互い彼氏もいないボンクラコンビ。
 そんな、ある日二人の元に高校の同窓会の招待状が届く。
 やったー楽しそうだから行こう!という訳にはいかない。何故なら二人にとって高校時代はイケてる組から毎日バカにされるイケてない暗黒の青春だから。しかも、何十年経った今もお世辞にもイケてるとは言えない・・・
 同窓会の誘いを断ろうかとする二人。しかし、ある名案が思い付く。私たちはポストイットを発明したセレブコンビだって嘘をつけばいいんだ!!そうすれば、高校生時代、私たちをバカにした奴らを見返せる!!

では、意気揚々と同窓会にレッツゴー!


で、まぁネタバレにならないと思うので書いてしまいますが、案の定その嘘は速攻でバレます。しかも、自分たちをバカにした奴らは奴らでガッツリ幸せを掴んでるという最悪のオマケつきで。


ただ、色々あった挙げ句最終的に二人はそもそもそんな嘘つく必要あるの?イケてるイケてない関係なく私たちは私たちなんだ。という、自信を掴んだうえでイケてるグループに逆襲していくのですが、ここがすごく痛快で泣ける。


だからね、僕も小学校ではいじめられ、中学時代もまたいじめられ自殺をはかり、高校時代は友達一人も出来ないうえに結局中退。という、なにひとつ良いことがない青春でしたけど、だからって人生終わった訳じゃないですよ。たかが、たったの十代ですから、その先どうにかなるかもしれませんし。はっきり言って僕はそんな暗黒青春時代を送った自分が好きですよ。だって、中学生の時にいじめられた自分を救ってくれたのは映画や音楽や本ですから。ということはいじめられていなかったら映画好きになっていなかったということですよ。こういうことを聞いて、青春時代が楽しかった奴から惨めだの孤独だの思われそうですけど、なんとでも思え。お前なんか所詮友達が多かったとか女子とデートして童貞捨てた程度でいい青春だと思ってんだろうけど、俺はそんなものが微塵も無くたっていい胸を張って大声でいい青春だったよと言ってやるよ。


あ、あと以前も書いたかもしれませんけど、これもどうしても書いておきたい。いじめられたからって自殺なんかすること絶対無いですよ。自身も十代の時にいじめられた経験がある中川翔子さんも言ってましたがいじめなんかするクズ野郎の為に自殺なんかしちゃ人生もったいないです。


って、えらく説教臭くなったうえに支離滅裂な文章ですね。ただ、今まで書いたことはあくまで僕個人の考えなんで、別に青春時代が楽しかった人を否定している訳じゃありませんよ。ありませんけど、十代の時に友達多くて、恋愛なんかもちょろっとしちゃって、それでいてバスケ部(ここ重要)なんかに入っていた奴は基本信用しないだけです。


では、また今度。
スポンサーサイト
Posted on 2013/03/16 Sat. 18:33 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 1

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。