ゆったりしてる暇はある

 

主に映画の感想だと思いますが、その他の事もダラダラ書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

2013年のベストテンっ!!!! 

今さら過ぎますけど、みんな僕のベストテンが気になって気になって眠れないだろうから親切にも教えてあげるよ!


第10位『バレット』

これは当ブログで感想書きました。懐かしいのに新しい、ではなく懐かしいのに懐かし過ぎる。2013年にこんな80年代イズム溢れる筋肉密度が高いアクション映画を......マジかスタローン....でも本当に愛してる。こういうのが年に一本は観たい!!


第9位『ベルリンファイル』

これはつい先日観ましたので感想は書いてないですが、素晴らしかったの一語に尽きますよ。同じく去年公開の『10人の泥棒たち』とセットで観ると韓国映画界のいまの半端じゃない勢いを見せつけられます。


第8位『ローンレンジャー』

ちょっとだけ感想書きましたね。ダメなところもある。それは分かる。だけど、ほんとなんか愛すべき映画なんですよねー。西部劇への過剰なまでの愛情とヒーロー誕生物語をしっかり描こうという思いが、ちょっとバランス悪くぶつかってしまった感はあります。でもいい!そこがいい!たぶん後世でものすごい評価されるような映画だと思う。そう信じてる。


第7位『21ジャンプストリート』

はい本日最初の「これを日本未公開にするなんてバカなんじゃねぇの」枠。問答無用に面白い映画なんだからみんな観ろ!以上!


第6位『アウトロー』

ただただ好きです。


第5位『クルードさんちのはじめての冒険』

感想書いてないです。「これを日本未公開にするなんてバカなんじゃねぇの」枠二つ目。これは『21ジャンプストリート』以上にバカなんじゃねぇのでして、この映画は大人は気の利いたユーモアやちょっとどうかと思うほどのブラックジョークに笑わされ(なんてったって脚本がジョンクリーズ)、子供は太古の地球のアドベンチャーに夢中にされ、最後は家族の心暖まる物語にみんな爽やかな気持ちになる......という、年齢性別関係なしオールラウンドエンターテインメント映画なのに!!未公開なんて!バカ!!みんな観ろ!!


第4位『ラストスタンド』

ふっつうーに良くできていてタイトなアクション娯楽映画なんですが、なによりもシュワルツェネッガーの実人生も反映させた物語とあの熱いラストに胸が鷲掴みですよ......。改めておかえりシュワルツェネッガー!!


第3位『悪の法則』

これはガッツリ感想書きましたのでね。去年もっとも「こんな映画を完成させてエライ!!」と誉めてあげたくなりました。


第2位『パラノーマン ブライスホローの謎』

あんなに推していたのにこれも感想書かなかったー!!まあほんと素晴らしいところ山ほどありますが「それでも、言葉を交わすこと」というメッセージを至極真っ当に肯定的に描いたテーマが、うん、心を揺さぶられました。決して説教臭いだけにせずに、そのテーマを鮮やかに見事に描いた、いい映画です。ていうか、去年いちばん目から水分を採られた映画だよ。


第1位『ダークホース リア獣エイブの恋』

クソみたいな副邦題ですが一応つけとかないと分からないと思ったのでつけました。でも殆ど無視してください。これもね、観た直後は大いに感動したので僕なりのトッド・ソロンズ論(だなんて大袈裟なものでもないけどー)も含めてガッツリ感想を書こうとして書きそびれた。
 なんだろう、まあ今までのトッド・ソロンズ作品史上でも最もキツい展開がありますけど、意地悪な"だけ"で描いてはいませんでしたよね。最終的なメッセージはとてもポジティブというか、『TED』なんかを代表とした最近流行りのダメ人間甘やかし映画なんかよりも、眼差しはこちらの方が優しいのではないか、という気さえしてくる。僕が大好物であり毎年ベストワンはそうなってしまう「ダメ人間もの」の新たな傑作でしょう。作品のテイストは全く違うけど、何て言うか、読後感はこれまた僕の2011年のベスト映画にして生涯ベストのひとつ『スーパー!』に近い、同種の切なさを感じましたね。なのであの手の映画が好きな方には高確率で響くんじゃないかしらって思った。


はい、ベストテンは終了。感想書いてない映画も交じっていたので、ついつい長くなってしまいました。




じゃあ、一応ワーストも.......二本だけですが。

まずひとつめは


『デッド寿司』

観客に「この映画には多くを望まない方がいいな」なんて思わせた時点でダメなんです。いい加減、お客様は仏様ではありませんから優しい心で観るとかそんなことしてられんわ!真面目に作れ!いま、あなたが思ってる以上の真面目さで!!


ふたつめであり、これは生涯ワーストぶっちぎりかもしれないと思ったのは


『地獄でなぜ悪い』

これも『デッド寿司』と同じく、ふざけず真面目にやれってことなんですけど、一番不快なのは手前勝手な映画愛を押し付けてくるのと最終的には園子温のオナニー映画でしかなかったという、あのラスト!!もうほんと地獄だった。悪いよ。なぜじゃない。地獄で悪い映画だ。あと、ガラスだか鏡だかの破片口に含んだままキスして破片が頬から飛び出るとか、刀ぶっ刺さったままいつまでもフラフラするとか、切られた手首からいつまでも血がびゅーびゅーとか、とりあえず過剰にしとけばいいやな下品極まりないスプラッターは本当にゲロが出る。なんの必然性もなしにやられても不快なだけだよ!今後井口昇と園子温の映画は一切観ない!!はいおしまい!!!


では、また今度。
スポンサーサイト
Posted on 2014/01/22 Wed. 18:06 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

SF映画ベストテンっっ!! 

人気ブログ「男の魂に火をつけろ!」で毎年行われるベスト10企画。去年のホラー映画ベスト10は参加するのが恐れ多くて個人で勝手にやりましたが(後にブログ主であるワッシュ様からお誘いを頂き参加させて頂きました)、今年はSF映画ベスト10だそうで、参加しようかどうしようか迷っている今日この頃でございますが、まずは勝手にやります!勝手で悪いか!だってベスト10とか作るの楽しいんだもん!!


1位『マイノリティリポート』

2位『銀河ヒッチハイクガイド』

3位『宇宙戦争』

4位『スターシップトゥルーパーズ』

5位『インナースペース』

6位『ゼイリブ』

7位『AI』

8位『ソルジャー』

9位『スペースインベーダー』

10位『サイン』



『マイノリティリポート』


未来都市を描いたSFって、やはり『ブレードランナー』の呪縛からいまだに抜け出せていないと思うんですが、『マイノリティリポート』だけは見事にブレランの呪縛から抜け出せて、見事にその先の世界を描けたと言うか。しかも、未来都市の景観、乗り物、ガジェッドにいたるまで隅々まで考え抜かれたリアリティ溢れるアイディアが素晴らしいんですが、それもそのはず。『マイノリティリポート』は制作当時の、医療、警察、建築、交通、その他諸々ありとあらゆる社会的文化の権威達とスピルバーグがみっちり会議をし「未来都市のリアリティ」を追求した結果なので、『マイノリティリポート』の未来世界が他の追随を許さない程リアリティに満ちているのは当然なのです。ストーリーはアレですが。
 特に素晴らしいのはやはりゲロ棒ね。実際あんなのを警察が導入したら犯罪減るんじゃないすかね。やだもんね。あと、ぐるぐる回してチャージして波動(?)的なのをぶばーんと出す銃も素晴らしい。


『銀河ヒッチハイクガイド』


これは当ブログで感想書きました。大好きです。生涯ベスト級です。色んなところで泣いちゃいます。


『スターシップトゥルーパーズ』


これはもう当然。嫌いなやつなんているんですか?


『宇宙戦争』


「ああ、世界が終わっちゃう......」感が最も堪能できる、現時点での侵略SF映画の最高峰だと思います。また、この路線に戻って欲しいなスピルバーグ。


『インナースペース』


「人間の体内で大冒険!」系SF映画の最高峰!って、そんなもんこれと『ミクロの決死圏』くらいしかないか・・・。まあ、相変わらずジョー・ダンテのクドさ全開のストーリーと演出、そしてILMによる視覚的に楽しい一級品の特撮と、どこをとっても愉快な一作。


『ゼイリブ』


「グラサンかけたら宇宙人がまる見え」というアイディアが素晴らしい!ジョン・カーペーンターらしい漂うB級臭さも心地いい。


『AI』


どんだけスピルバーグが好きなのよ。ま、仕方ないよね。『AI』の未来世界は『マイノリティリポート』とは対照的に、人間の欲望が誇大化し暴走した未来都市を象徴的に描いています。まあ、それは当然でそもそも話は「ピノキオ」ですから、寓話的な話にならざるを得ないんですよね。結末があまりにも希望もへったくれも無すぎる暗黒おとぎ話。


『ソルジャー』


産まれたときから殺人兵器として育てられたソルジャーが、使い捨てされてゴミ棄て惑星に捨てられる。だが、そこに住む人々と交流することで心を取り戻し、その人達を守るため悪と闘う!!!宇宙版『レッドスコルピオ』とでも言うべき、男泣きSFの傑作!カートラッセルが終止無表情セリフ無しながらも、泣かせます。
 

『スペースインベーダー』


トビー・フーパー監督ですから、なにからなにまで禍々しくてキチガってる侵略映画。スタン・ウィンストン御大造形の宇宙人が最高。

これね。

『サイン』


M・ナイト・シャマラン監督ですから、なにからなにまでおかしくてオカシイ一軒家侵略映画。「衝撃映像100連発!」的なノリでカメラに映る宇宙人、号泣しながら飯を食うメルギブ、コップの水がぶしゃーん!バッドでフルスイング等、笑っちゃうんだけど「シャマランすげーな」と言いたくなるような名場面もいっぱい。


次点は、曇り空と廃墟で充分SF的な空間を作れることを証明した傑作『トゥモローワールド』、メタコメディから始まって最終的には燃えて泣けるストレートな英雄譚に着地する『ギャラクシークエスト』、大金かけた悪趣味見世物小屋『プロメテウス』とか。

いやあ、しかしこういうベスト10を作るのって本当に楽しいのでね、皆さんも作ったりするといいと思いますよ。ちゃんちゃん♪


では、また今度。
Posted on 2013/11/09 Sat. 22:13 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 6

pagetop △

今さらながら、2012年映画ベスト10&ワースト3 

twitterには書いていたのですが、一応記録としてブログにも書いておきますね。

第10位『哀しき獣』

韓国映画史上でも最もパワフルな一作だったと思います。今年一番映画館でハラハラドキドキしました。


第9位『アベンジャーズ』

そりゃ、僕たちが本当に見たかったものをしっかりきっちり見せてくれたんだから最高に決まってますよ。


第8位『裏切りのサーカス』

僕も『裏切りのサーカス』の世界観が似合うような渋い男になりたいです・・・(しみじみと)


第7位『メランコリア』

「世界がこんな風に終わってくれたらいいのに・・・(うっとり)」なロマンチックディザスターなオープニングだけでご飯三杯食べれます。


第6位『ダークシャドウ』

エヴァ・グリーン演じる魔女の目線で見ると、悲しくも残酷なバートン印のラブストーリーだと思うのです・・・・。


第5位『悪の教典』

「映画で見る人の死ってサイコーヽ(`Д´)ノワッショイ!!」という難しいこと一切なしの単純な気分に、邦画でこれだけどっぷり浸らせてくれただけでも大満足。


第4位『プロメテウス』

昨日も改めて家で見直したんですけど、俗悪バカSFホラーで最高ですよね。特に終盤の「全て無駄だった・・・」のセリフには腹かかえて爆笑。


第3位『エクスペンダブルズ2』

節操が無いですよね。この映画。終盤なんか脚本家が存在しないんじゃないかと疑いたくなる程、ハッキリ言って酷いと思います。でも、僕は心の底からだーい好きと言える大事な映画でした。


第2位『ブロンソン』

一切共感できないような暴力人間の人生に何故か涙してしまいました。


第1位『ヤング≒アダルト』

最後まで成長しない最低女だったメイビスに勇気をもらえました。映画でくらいああいう女の人生を全肯定したって良いと思いますよ。



てな感じでベストでしたが、続いてワースト3位を発表したいと思います。


第3位『ヒミズ』

過去最高に苦手な園子温映画だったかもしれません・・・


第2位『ベルフラワー』

主人公のうじうじぶりにイライラしました・・・


第1位『レンタネコ』

僕にとっては『エクスペンダブルズ』や『ロボコップ』が癒し映画なように、『レンタネコ』で癒される方もいると思いますし、要は合うか合わないかの問題でもあると思いますよ。思いますけど・・・この映画のメッセージ、世界観、キャッチコピー、ポスターに至るまで全てが腹立つんだよーーーって、おっと口が滑りましたが、まぁいい映画だったと思います(超適当)

という感じで、僕のベスト&ワーストでしたが僕の僕による僕のための勝手なベスト&ワーストですので、苦情だとかは一切受け付けません。


では、また今度。
Posted on 2013/01/11 Fri. 21:07 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 3

pagetop △

ホラー映画ベストテン!\(`д´)ノテンッ! 

「男の魂に火をつけろ!」という有名なブログにてホラー映画ベストテンの投票を受け付けていまして。僕もね、そこに投票しようと思ったんですが「俺みたいなバカアホ調子こきクソ生意気あんぽんたん高校生がおこがましいな・・・( ´△`)ソウソウ」という、一定の人に特有の面倒くさい自意識が発動してしまったので投票はせずに、こっちで勝手にやらせて頂きます。「男の魂に火をつけろ」さん、なんだかごめんなさいね。(とは言ってもこのブログは読んでないだろうし)

って事でね、最近僕のブログはだらだら長くなっているので、前置きせずに早速いきます僕のホラー映画ベストテン!!\(`д´)ノテンッ!!


第10位『反撥』



第9位『死霊のはらわた2』


第8位『回路』


第7位『呪怨』(オリジナルビデオ版)



第6位『ハロウィン』(リメイク)


第5位『死霊のえじき』


第4位『ヘルレイザー』


第3位『エクソシスト』


第2位『ホステル』


第1位『悪魔のいけにえ2』




では、順を追って解説していくとまず第10位の『反撥』。尊敬する高橋ヨシキさんの言葉を借りると「一人称主観ホラー」の最高傑作だと個人的には思っています。まぁ「一人称主観ホラー」というのは「考え過ぎは良くないよね映画」という小学生レベルの単純過ぎる言い方に変える事も出来ます。(ってなんじゃそりゃ)

第9位の『死霊のはらわた2』。まぁ、アイディアや斬新さ目新しさでいえば当然一作目だと思いますが、二作目の方が特殊メイクや特殊造形の見せ場、それにスプラッター度も大幅にアップしているので、僕は二作目の方が好きです。

第8位の『回路』ですが、この作品は『リング』の脚本家として知られる高橋洋さんが「黒沢さんの『回路』には完全に終止符を打たれた」と言っているように、日本のホラー映画の到達点的な重要作だと思います。ただ、高橋洋さんの言うように『回路』で完全に終止符を打たれたかに見えた日本のホラー映画界に、それまでとは違った形でその終止符を打ち破ったのが・・・・

第7位の『呪怨』(オリジナルビデオ版)。それまでの日本の恐怖表現が非常に"静"を感じさせるものだったのに対して『呪怨』の場合は"動"的な恐怖表現で、心霊とスラッシャー映画が合体したような映画でもあると思います。全8作品ある『呪怨』シリーズの中で、やはり原点にして断トツで恐かったので、オリジナルビデオ版の一作目を選びました。

第6位『ハロウィン』(リメイク版)。カーペンター監督の『ハロウィン』が言ってしまえば単純なスラッシャー映画(それはそれで当然素晴らしい)だったのに対して、元の『ハロウィン』から一切のファンタジーを抜いて、陰惨な暴力と闇に彩られた誠実な人間ドラマにまで昇華させたロブ・ゾンビの手腕とガッツには称賛を贈らざるを得ないですし、正直僕は元の『ハロウィン』とは比べ物にならないくらい好きです。

第5位『死霊のえじき』。これも『死霊のはらわた2』と同じ理由で、トム・サビーニ御代によるスプラッターゴア描写が満載なので、リビングデッドシリーズでは一番好きです。

第4位『ヘルレイザー』。シリーズで一番人気のある二作目も大好きですが、僕は昼ドラ×ダークファンタジー的なミニマムでいて壮大な世界観を感じさせる一作目が一番好きですね。特に、この映画の最重要人物であるフランクが床下からドロドログチャグチャの大復活を遂げる場面が本当に本当に大好きです。(ってピンポイント過ぎるよ)

第3位『エクソシスト』言わずと知れた傑作ですよね。とにかく鬼監督ウィリアム・フリードキンによる嫌がらせ演出が満載で、映画全体の緊張感がただ事ではないです。あと忘れちゃいけない映画史上に残るゲロ映画でもあります。

第2位『ホステル』。ホラー映画史のみならず映画史に残る歴史的な名作だと断言しても過言ではない映画だと思います。目を背けたくなる残酷描写が満載ですが、実は真っ当なまでにストイックな倫理観に基づいている映画なので、「ホラー映画って悪趣味で残酷でや~ね( -∀-)ヤダヤダ」みたいなステレオタイプな考え方の偏見バカ野郎にこそ観てもらいたい映画です。(台無しな暴言)


そして、栄えある第1位『悪魔のいけにえ2』。楳図かずお先生が「恐怖を突き詰めると笑いになり、笑いを突き詰めると恐怖になる」と言っていましたが、まさしく『悪魔のいけにえ2』は一作目とシフトチェンジして意図的にコメディにしてるにも関わらず、笑いを突き詰め、ギャグを過剰にし過ぎた結果結局ホラー映画になってしまったという、他に類を見ない狂っている異常な映画で素晴らし過ぎます。なので、表面的にはふざけていても本質にデカイ恐怖が流れている映画だと個人的には思っているので、第1位に選ばせて頂きました。


という感じで、僕なりのホラー映画ベストテンをやらせて頂きました。選んだ十本はどれもDVDになっていますので、未見の方は是非とも観て頂きたいと思います。本当にね、ホラーは人類が創り得た最高の娯楽ですので、みんなも明るい気持ちでわいわい楽しくホラー映画を観ましょう!!\(`д´)ノショウッ!!



では、また今度。

「きゃー」
Posted on 2012/11/28 Wed. 02:04 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 1

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。