ゆったりしてる暇はある

 

主に映画の感想だと思いますが、その他の事もダラダラ書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

4月24日の大事なお知らせ! 

4月24日に「YOSOU」という、分かるようで分からない概念の提唱者たわわちゃんによるイベントがアシパンで開催されます!!


ウシロダ画伯は天才に違いないと実感させるフライヤー(画像が小さくてすいません!)


なんかね、とにかく色んなことのYOSOUをするみたい(ざっくりした説明だね)。まあ、出る方々が豪華!だって、タマフルの構成作家古川耕さんも出るんですよ!普通にスゴい!!

他にも主にアシパン界隈でお馴染みな方々も出て来てなんかね、とにかく色んなことのYOSOUをするみたい(またざっくりしてるね)

そしてそして、こういうときは謙虚にした方がいいんだろうけど、嬉しいから自慢させてもらう。掲載したフライヤーの右端の方をよーく見てみてください



ほうほう、スターリングエレファントさんに三角締めさんにyou伊東かぁ・・・

ん?you伊東!?


って、わざとらし過ぎるね。恥ずかしくなってきた。いや、ほんとごめんなさい!このイベントに一応僕も参加させて頂けることになりました。ほんと恐縮です・・・

ただ、「一応」と書いたのは、僕は未成年なので7時以降のイベントには参加できないのです!都条例FuckOff!!

なので、メールでの参加ということですが、逆に有り難いですよね。だって、絶対人前で話すことなんて絶対できませんものね。で、なんのコーナーをやるかと言うと、今年のおすすめ映画を紹介してます。ただ、紹介してるだけなので僕はまったく大したことないのですが、三角締めさんとスターリングエレファントさんが登壇して、映画の話をするそうなので、とても面白いイベントになることは間違いなしですね。

あ、そうそうこの際なんで言わせてもらうけど、最近オフ会に顔を出さないスターリングエレファントさん!今回のイベントも参加するのかまだ未定だとかなんとかだそうだけど、絶対参加してくださいよ!そうしないと色んな人が迷惑なんだからね!昨日のオフ会でも皆さん言ってらしたけど、もう怒ってるとか怒ってないとか全然そんなこと思ってもいませんよ。僕以外皆さんオトナです。スタさんは「オフ会は僕の悪口で盛り上がってください」なんて言ってたけど、アシパンの皆さんはスタさんとは違って人の悪口で盛り上がらないよ!!世の中そんなに悪口が好きな人ばかりじゃないです。皆さんスタさんの映画の話が聴きたいはずですから絶対参加してください。


って、まったく余計なお世話でしたけど、僕はスタさんとは文章上では関わらないと決めてしまったので、こういった形で生意気に言わせて頂きました。まあ、とにかく色々と絶対に楽しいイベントであること間違いなしなんだから、皆さん24日はアシパンに集合!僕は足立区からイベントの成功を祈っております。たわわちゃん頑張ってください!!ヽ(`Д´)ノファイト!


では、また今度。
スポンサーサイト
Posted on 2013/04/22 Mon. 19:16 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

またまたアシパンのタマフル&ザ・トップ5オフ会に行ってきましたよ。 

最近、というか前からそうなのかもしれないけど、僕のブログはなんだかテンションの落差が激しいね。躁鬱みたい。ほんと嫌になっちゃう。もうちょっと、落ち着いた感じの文章を書いていきたいものでありますね、なんてことを思う今日この頃。


はい、どーでもいい世間話が終わりましたところで、タマフル&トップ5オフ会の感想です。もう三回目です。ようやく馴れてきましたかね・・・うーんどうだろう。

もうさ、三回目なんで具体的な細かい感想は書きませよ。だって、そりゃ最高に楽しいに決まってるんだからな!逆に楽しくないのがオカシイくらいよ。

でね、今回もオフ会に参加してみて思ったことが、二つあります。


ひとつ目、We are not alone

僕ね、どうかと思うくらい他人と関わらない人生を送ってるんですね。友達が一人もいたこともない、彼女もいたこともない、人と楽しい会話をしたことがない・・・って、また愚痴っぽくなったのでここでストップ。
 とにかくそんな感じ。いや、マジで大丈夫なんでしょうか。自分。このまま死んだら正真正銘の孤独死ですよ。あちゃー

でもね、『未知との遭遇』でラコーム博士も言ってたよ「We Are Not Alone」(我々は孤独ではない)ってね。「なに寝ぼけたこと言ってんのよフランソワ・トリュフォー(;´д`)ヤレヤレ」なんて思ったけどさ、オフ会行ってみて分かったよ「あっほんとに一人じゃない!」って。だからアシパンは『未知との遭遇』の宇宙船ですね。いやもっと加えるなら、ザ・トップ5やタマフルを聴いていなければ、その宇宙船に乗っていない訳ですから、つまりTBSラジオはデビルスタワーだ!


TBSラジオ(画像はあくまでイメージです)


渋谷のクラブ「アシッドパンダカフェ」とそこに集いし人々(画像はあくまでイメージです)


高野政所さん(何度も言うけどあくまでイメージだからねっ!)


ふたつ目、すてきなオトナ達。

アシパンに来る方々、皆さん本当にいい人ですよ。紳士でオトナ。でも、政所さんによるDJで弾けるときは徹底的に弾けてアガる。なんだか、偉そうなこと言えませんけど、あれこそオトナだなって思いました。あの場にいた方マジで全員尊敬します。
 この前、ツイッターで「ディズニーランドを「ふん、ガキ向けだわ」って大人ぶる奴は人生損してる」って呟いたんです。「楽しい場で一人だけ腕組して空かしてる奴も人生損してる」とも呟いたんですけど、そしたら、そしたらね、まあ"誰"とは言わない。俺は大人だからね。"誰"とは言わないけど、あるフォロワーから「正直ガッカリしました。でもまだ十代だから仕方ないね」なーんて、確実に見下されたことを言われたんですけど、その頓珍漢アシパン来るといいよ。腕組して空かす奴一人もいないから。(皆さんディズニーランドが大好きかは知らないけど)

だからね、アシパンの皆さんのオトナっぷりにはただただ尊敬します。僕も早くその境地に行きたいものです・・・いや、皆さんマジでカッコよかったです。


という訳で、アシパンに行くといつも様々なことを考えさせられるし、何よりも最高に楽しいので、皆さんも行ってみるといいと思いますよ。ま、アシパンのお陰で僕は「"孤立"はしてるけど"孤独"じゃない」ってことが分かったんでね、って最後に良いこと言っちゃったよ自分。これだから困っちゃうんだよね、流石だよ自分。って、実はさっきの言葉が大林宣彦監督の言葉だということは誰にもナイショ


では、また今度。
Posted on 2013/04/22 Mon. 18:12 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

また、アシパンのタマフル&トップ5オフ会に行って来ましたよ。 

1月6日日曜日。渋谷のクラブアシッドパンダカフェで行われた「タマフル&トップ5オフ会 冬休みスペシャル」に行ってきました。

すてきなポスター。



今回はですね、僕のオフ会で嬉しかった三大ポイントという感じで、感想を三つのポイントに分けたいと思います。


まず、一つ目
あの方、この方にお会いできて嬉しかった。

前回のオフ会では、三角締めさんやスターリングエレファントさんなんかの有名リスナーを除けば、大抵が知らない方ばかりだったのですが、今回のオフ会ではtwitter上で何度か交流している方々も多数参加していたので、ようやく直接お会いできて嬉しかったです。でも、なんだかお会いできてもはじめましてなのかはじめましてじゃないのかが曖昧な感じで、ちょっと不思議でしたね。しかも、皆さん恐ろしく良識あるいい人達で、僕みたく直接会ってもブログやtwitterのろくでもないバカ感となんら変わりはない人間は、恥ずかしくなってきましたよ。あと、僕のブログはスマホから書いているので、カウンターだとか付けられないんですね。だから、コメントやtwitterで感想を頂かない限りは、どれくらいの方々に読んで頂いてるのかが分からないので、直接「ブログ読んでいますよ」と言われたりするのは非常に嬉しいんですが、困ったのは僕は自分がブログで書いたことをあまり覚えていなくて。ある方に「ブログでクズとかま〇ことか書いてましたよね?」と言われても、「えぇ!クズにま、ま〇こまで!?(゚Д゚;)コノボクガ?」という感じでそのときは記憶にないんですが、いざ確認してみると「ホントウにカイテルヨ~~\(´д`; )〉マンコダッテ-?」と言った感じで、僕は文章では酷いことを書きまくってることを改めて認識しました。どうやら、色々細かくチェックしてくださっている方もいらっしゃるみたいなので、ちょっとこれからは自戒した方がいいかもしれませんね。


二つ目
色々な方と映画の話ができて嬉しかった。

前回は緊張していたり、知らない方も多かったりしたので、あまり色々な方と話はしなかったんですけど、今回は知っている方が多かったですから、結構色々な方とお話しできました。でね、なんて言うんですかね、僕は今まであまり人間関係に恵まれて来なかったといいますか。人とまともに話すことなんて、ほぼ皆無でして。特に映画の話なんてもっての他といった感じで。でも、オフ会に来ていた方々は、こんな高校生ごときの話もちゃんと聴いてくださったり、僕に色々な話をしてくださったり、とね本当に皆さんいい人過ぎますよ。なんか、大袈裟かもしれませんけど、僕は現実に目を向けると死にたくなるので、その気持ちを消すために映画だとか本とか音楽に逃避していた自分が心底嫌いでして。映画なんか観たって、本なんか読んだって、音楽なんか聴いたって、映画館を出れば本を閉じれば音楽プレーヤーを止めれば、吐き気がする現実が一気に襲いかかってくる訳で。なんか、もう結局その繰り返しが嫌で嫌でしょうがなかったんです。でも、先日のオフ会は「現実でも楽しい場所がある」ことを僕に気付かせてくれたというか。僕が今まで無駄に映画ばっか観て自分の頭でぐるぐるその映画のことを考えていただけだったのが、他の人とも映画の楽しさを共有できる感じというか、僕が今まで映画ばかり観てきたことを初めて無駄じゃなく思えました。こんなことを僕に気付かせてくれたのは、本当に皆さんのおかげです。本当に本当にありがとうございました。


三つ目
しまおまほさん

オフ会の後に行われる「アシッドたんぱ大放送」のゲストが、なんとその日はしまおまほさんでして。でね、僕はその日は「アシッドたんぱ大放送」の前には帰ろうと思っていたんですよ。でも、生でしまおさんを見たいという気持ちはもちろん、僕はどうしてもしまおさんの素晴らしい著書「ガールフレンド」の今さら過ぎる感想と、去年の夏にタマフルでやった「タマフルティーン夏休みの自由研究特集」で僕の気持ち悪い呪詛に対して、親身に相談に乗っていただいたことに対するお礼をしておきたくて、その日は最後までアシパンにいる事を決意したんです。
 で、ついに「アシッドたんぱ大放送」がスタートして、生しまおまほさんが登場した訳ですが、ほんとね生で見るしまおさんは写真で見るしまおさんの五億倍綺麗でしたよ。ていうか、なんか放たれるオーラのようなものを感じてしまって「ああ、こりゃ直接話すのなんか無理だな」とすっかり諦めモードになってしまいました。

で、まぁなんとかトーク終了。そのあとにしまおさんによるDJが行われたんですが、これが最高にカッコいい。なんせ、僕の好きな米米クラブオンリーのDJだったので、常に僕の低い低いテンションもアがりまくりでした。

そして、しまおさんのDJも終了して、ついにしまおさんに直接話すチャンスが到来!したは、いいんですけど、まぁ僕にはやっぱ到底無理。まず、あんな素敵過ぎる方に僕ごときが近づける訳がなくて。でも、「ガールフレンド」の感想と去年のお礼はどうしてもしたい!という、板挟みの気持ちで何故か勝手に緊張。僕がそんなことをうだうだ考えている間に、スターリングエレファントさんやリスナーさんは、しまおさんと楽しそうにお話ししている訳で、僕は「あーもうどうしましょーー!ヽ(`Д´)ノタスケテー」なんてことを考えていたら、スターリングエレファントさんが「伊東くん、しまおさんに挨拶しに行こう」と、僕をしまおさんのところへ連れて行く!!もう、僕としてはこの間に「えぇ!どうする俺!?」「いや、でもこの方がいいのか?」「でも、どうする!?」「でも、この方がいいのか?」・・・・・なんてことが頭の中でマッハ2のスピードで渦巻いていました。


で、しまおさんのところへ着くとスターリングエレファントさんが、僕のことをしまおさんに紹介。すると、はっきりとは覚えていないんですが、しまおさんが「昨日、あなたのこと話していたんです」的な(そんなこと言っていなかったら本当にごめんなさい)ことを言ったような気がして、僕はもう涙が出そうになってしまって得意のお辞儀連続コンボで誤魔化したんですが、なんか、しまおさんがやたら僕に「ありがとうございます」「ありがとうございます」と言ってきたんです。もう、僕はそのしまおさんの「ありがとうございます」に逆に申し訳なくなってしまって。「いや、ありがとうございますはむしろ僕の方です」とハッキリ言おうと思ったんですが、そんなこと言えないまま僕はひたすらお辞儀を繰り返すだけで・・・・ああ、もう今思い返しても恥ずかしい。で、しまおさんはその後僕に握手してくれたんですが、その握手が、こうなんて言うんですかね、すごく力強くて優しい握手というか。その握手にも泣きそうになってしまって、しかもしかもしまおさんは僕と肩まで組んでくれて、しかもしかもしかも、僕の目が涙で溢れかえりそうになっているのにしまおさんと肩を組む僕を皆さん写真で撮っていて・・・・ほんと、その日はマスクをしていたんで、なんとか誤魔化せませたけど、マスクを外したら完全に涙腺決壊でした。そんな、涙腺決壊寸前の僕としまおさんとのツーショットがこちら



この写真はどなたかがtwitterのTLに上げていた写真で、勝手にブログに貼ってしまって申し訳ありません。マスクを付けているクソガキが僕なんですが、しまおさんは笑顔なのに僕は首を傾げたりしちゃって、もう過去の自分に超腹立つ!これじゃあ、僕が不機嫌で嫌がっているようにしかみえませんよね。ほんと、しまおまほさんごめんなさい。でも、この時の僕は心臓ばくばくで今にも涙が溢れかえりそうになっていたことは、しつこく言っておきます。


という感じで、いつにも増して支離滅裂で読みづらい駄文を書いてしまいました。今までの文章では伝わらないかもしれませんが、とにかく先日のオフ会は僕の人生で一番幸せな日だったことは間違いないです。こんな、素晴らしいオフ会を開いてくださったアシッドパンダカフェ店主高野政所さん、僕をオフ会に誘ってくださったサンスケさん、メールだけじゃなくトークも黒いスターリングエレファントさん、チャックノリス帽子をくれた三角締めさん、とにかくあのオフ会にいた方々全員、そして、力強くて優しい握手をしてくださったしまおまほさん。皆さん本当にありがとうございました。次回のティーンオフ会を心待ちにしています。


では、また今度。
Posted on 2013/01/11 Fri. 00:16 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。