ゆったりしてる暇はある

 

主に映画の感想だと思いますが、その他の事もダラダラ書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

『銀河ヒッチハイクガイド』答えよりも大切なこと。 



《ネタバレしてないです》


幼少のときに実写版『スポーン』と『マーズアタック』が大好きだったことが、映画好きになるきっかけみたいなもので、中学生の頃、もっとより映画好きになってしまうきっかけ映画がこの『銀河ヒッチハイクガイド』。なぜだか分からないのだけど、とにかく異常に感動してしまったんですよ。「わあ映画ってなんて素晴らしいんだろう」って感じで。バカバカしいSFコメディなのになんでだろう・・・。


こんなお話


銀河バイパス工事(なんじゃそりゃ)のため地球が破壊されてしまい、ひょんなことから数少ない地球人の生き残りとなった、超絶ド平凡な男アーサー・デントが、「銀河ヒッチハイクガイド」片手に地球の命運をかけた銀河の大冒険に繰り出すことになる・・・・

的な。まあ「地球の命運をかけた」なんて書いたけど、ちょっと大袈裟かな。あんま地球の命運はかけないす。


ご存じの方も多いかと思いますが、『銀河ヒッチハイクガイド』は同名の非常に有名な原作があります。中二でこの映画を大好きになって、「よし!明日原作読もう!」と思ってから、はや四年・・・未だに原作読んでない・・・



全体のくだらないドタバタ感と、それでいてときにブラックときに哲学的にさえ思えてくるような、ギャグやセリフもたまらないのですが、なによりもキャラクターやガジェッドのセンス・オブ・ワンダーとしか言いようがないアイディアが本当に大好き。
耳に入れるだけで、銀河のあらゆる言語を翻訳してくれる「バベルフィッシュ」(ちょーカワイイ)とか官僚的な思考がいきすぎていて、逆にマヌケにしか見えないヴォゴン人

こちらがヴォゴン人。ジム・ヘンソンのスタジオによる精巧なアニマトロニクススーツで絶妙にもっさり表現されております。

「銀河怒れる妻の会」発案の、相手に撃つと自分の価値観を植え付けることができる「価値観転換銃」(リアルに欲しい)とか、あとはなんと言っても"常時憂鬱ロボット"マーヴィン!声はなんとおっかないアラン・リックマンですよ!ちょーかわいい~!欲しいー!あ、やっぱいらないかも。

「マーヴィンみたいだよね」と人から言われた事があるのは、僕の数少ない自慢のひとつ(なの?)

あと『銀河ヒッチハイクガイド』で(たぶん)重要なものと言えば42。観てない人のために詳しくは書きませんが、まあなんて言うの、すっげぇ胡散臭くも絶妙な数字ですよね42って。そりゃこの数字には困惑するよ。

役者もみんないい。主人公のマーティン・フリーマンの「超絶ド平凡」感と「半ば強制的に冒険に参加させられる」感と「自分の故郷(家)に固執している」感はかなり後の『ホビット』に通じると思います。あと、ほんとちょびっとだけどジョン・マルコビッチとか、スーパーコンピューター"ディープソート"の声をヘレン・ミレンがやってたりと、何気に豪華。


サマーさんことズーイー・デシャネルも出てますよ。


『銀河ヒッチハイクガイド』は「生命、宇宙そのすべてに対する疑問の答え」というものを追い求める人達が登場します。ただ、その「生命、宇宙そのすべてに対する疑問」の「答え」が、いざ出てみたら「ええ、なにそれ・・・?」という非常に肩透かしなものなので、登場人物がその「答え」を答えた者に問います「本当にそれが究極の答えなの!?」、すると「ていうかさぁ究極の答えが欲しいなら、まず究極の疑問を導きだしなさいよ」と言われてしまう。
そして、こともあろうに超絶ド平凡な主人公アーサーが、その「究極の疑問」を導きださなくてはならなくなってしまうのが、この映画のクライマックス。

なんですけど・・・・

映画を観た方ならお分かりの通り、結局その「究極の疑問」とやらの答えは出ないまま、この映画は幕を迎えてしまうのですよね。ですから、当然「生命、宇宙そのすべてに対する疑問の答え」も出ないので、映画としては物足りず、むしろ投げっぱなしに感じる方もいるかもしれません。


でもさ、正直そんなことどうでもいいと思うんですよ。一生答えの出ない疑問だらけの中、小さいけれども「大切のこと」が見つかればそれで全然OKだと思うんですよ。宇宙規模で見れば本当に本当に小さなその「大切なこと」が、一人の人間にはとっても大きな幸せをもたらしてくれるかもよ、みたいな。最後でアーサーはそれに気付けたんだもんね。本当に幸せなラストだと思います。

オープニングとエンドクジッドに流れる、イルカさん達からの人間へのお別れの歌「さようなら魚をありがとう」は名曲。イルカさん達からすると「底引き網漁は別にして人間は優しい」んだってさ。


では、また今度。
スポンサーサイト
Posted on 2013/06/03 Mon. 00:08 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。