ゆったりしてる暇はある

 

主に映画の感想だと思いますが、その他の事もダラダラ書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

言葉でなくとも訴えかけることができた俳優。 

火曜の夜中にネットニュースを何気なく見ていたら、「俳優のフィリップ.......腕に注射針が刺さったまま.....亡くなった」という文字が目に入り、まさかと思って読んでみたら.......ええ、このブログを読むような方はご存知だと思います。2月2日フィリップ・シーモア・ホフマンが急逝しました。

ショックでしたよ。そりゃ。まだ46歳だし、しかも薬物でなんて、考えられないと言うか。彼の印象からして似合わなすぎる死と言うか。だって、もはや世界レベルの名優にして、大作の一枚看板を背負う大スターなんかとは違って、安定してプレッシャーもない立ち位置にいる大物俳優だと思ってた。でも、きっとそういうのも、ただ外から見たイメージでしかなくて、本人には嫌なことも苦しいことも沢山あったんでしょう。人間ですもんね。

けど、正直なことを言えば薬物には逃げてほしくなかった。て言うか、逃げるもなにも薬物なんかダメ絶対!死んでから非難したってどうしようもないですけど、そこは残念でしかない。だって、もう新しい彼の芝居が見れないんですから。あなたは間違いなくアメリカを代表する偉大な役者の一人だったのに!


フィリップ・シーモア・ホフマンを初めてしっかり認識したのは『マグノリア』が最初。当時、中学生であった僕が映画好きになるきっかけ映画の一つでもあるので、映画自体に思い入れもたっぷりありますが、トム・クルーズからウィリアム・H・メイシーまで揃ってるあの面々の中で、やはりフィリップ・シーモア・ホフマンが一番光ってると思います。強烈に印象に残った場面は、やはり、ホフマン演じる看護師があまりにも苦しそうな末期癌患者に液体モルヒネを飲ませてあげる、その時の涙を流しながら悔しさと悲しさとを滲み出つつも、なんとか優しさでカバーをしようとしているあの表情。台詞よりも多くのことをあの表情が看護師の思いを雄弁に伝えている。でね、そのホフマンの表情に重なって名曲「Wise up」のイントロが流れみんなで大合唱へと移行する。ホフマンの表情力の直後であったからこそ、あの「Wise up」があんなにも観た人々の心を突き動かしたのだと思いましたね。


そこからは、ホフマン目当てに映画を観る日々。『ブギーナイツ』『パンチドランク・ラブ』『ザ・マスター』の安定したPTA監督作、メリル・ストリープとのバトルが怖い『ダウト』、裸オナニー姿が眩しすぎる『ハピネス』、唯一の声優作品『メアリー&マックス』(涙の洪水映画!)、『MI3』ではトムクルをボコボコに、開幕直後のファックシーンが強烈『その土曜日7時58分』、愛しのポール・ジアマッティと共演して涙もの『スーパーチューズデー』、生涯ベストの『ビッグリボウスキ』他にも『チャーリーウィルソンズ・ウォー』『フローレス』『脳内ニューヨーク』・・・・ああ、もう挙げきれない!ホフマンが出てる映画にはハズレなし!と言うか、彼が出るだけで6ランクは映画の格が上がる。そう言っても過言ではないでしょう。そして、どんな小さな小さな脇役でだって必ず大きな印象を残す。

でも、そんな数あるフィルモグラフィーの中で、最もスゴいとしか言いようがない、彼の芝居の真骨頂だと僕は考える作品があります。彼が俳優人生で初のアカデミー賞主演男優賞を受賞した『カポーティ』です。


ホフマンが演じるのはタイトルロールである、作家のトルーマン・カポーティ。言わずと知れた人ですね。『カポーティ』は彼が後のアメリカ文学史に残る代表作「冷血」を書き上げるまでを描いた伝記映画です。分かりやすく言っちゃえばメイキング・オブ・「冷血」


実在した人物をホフマンは演じているわけですから、技術的にはいわゆるメソッドアクティングってやつ。で、実際のカポーティの映像を見ると仕草からしゃべり方まで、ホフマンのそのなりきりぶりに、ただただ拍手。

けど、そんなただ技術的な「上手い芝居」を越えてしまう、とてつもない瞬間がこの映画にはあります。


物語終盤。それまでは、あくまでもジャーナリストとして小説を完成させるために犯人である死刑囚を利用していた、はずなのに、はずなのに.......小説を完成させたい、でも彼を助けたい、という狭間でもがき苦しんだカポーティが、最後に死刑を間近に控えた死刑囚と面会室で対峙する場面。ここはね、ここはですね、観ていない方のためにネタバレを避けたいのであえて書きません。ここで何が起こるかは、ぜひご自分の目で確かめてください。それまで、人に弱さを見せず冷静沈着だったカポーティが、ついに抑えきれずさらけ出してしまうもの。この芝居はね、もう芝居っていうか、これは映画史上に残るホフマンの一世一代の芝居です。凄まじい。しかも、この芝居がさらに一世一代感を強めているのは、ここでカポーティがしてしまうリアクションというのは、なんとホフマンが役になりきり過ぎたがあまり本当に我慢できず出してしまったアドリブなんです!つまり、作り込まれたメソッドアクティングの最高峰でもあると同時に、生々しいドキュメンタリックなシーンでもあり芝居でもあるという。フィリップ・シーモア・ホフマンという役者が他の「上手い」役者などとは一線も二線も画す天性の才能の持ち主であるということが凝縮された素晴らしすぎて恐ろしいとしか言いようがな名場面なのです。そして、この芝居も先述した『マグノリア』同様言葉でなく観客に伝える芝居だったのです。

その後に迎える展開や"あるアイテム"を使うことで、観客の解釈に委ねたラストも含め『カポーティ』という映画は間違いなくアメリカ映画史に残る傑作、っていうかもはや名作であると本気で思っています。監督のべネット・ミラーはホフマンも出ている次作の『マネーボール』でも素晴らしい監督ぶりを更に発揮(僕個人は『マネーボール』の方が断然好きなのですがー)べネット・ミラーの三作目でもホフマンとのタッグが観たかった......。


てね、かなり思い入れがあるのでちょっと長く書いてしまいました。それもこれも、だってホフマンの新作が今後一切観れないことが悲しいから。悲しいですよええ。

けど、いままで出てきた彼の映画は、いままでもこれからも存在しつづけるのです。もう、彼はこの世を去ったけれど、映画には永遠と残り、変わらぬ唯一無二の存在感を残す。過去の出演作を見返す度、ある意味、彼は何度でも甦る。彼の芝居はこれからもいつだってずっと観れる。僕だってさすがに全ての出演作を観てるわけじゃないです。だから、これからまだ観たことない彼の芝居を観れることが楽しみでもあります。『パシフィック・リム』ペントコスト司令官の言葉を借りれば「ドリフトすればいつでも会える」ってさ。


ということで、これからも映画という記録と人々の記憶に永遠と淡ーい輝きを放ち続けてください。今まで本当に本当に本当に本当に

フィリップ・シーモア・ホフマンありがとう。


philip seymour hoffman 1967-2014


では、また今度。
スポンサーサイト
Posted on 2014/02/07 Fri. 00:19 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 7

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。