ゆったりしてる暇はある

 

主に映画の感想だと思いますが、その他の事もダラダラ書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

その男、クズにつき。/『THE LOST 失われた黒い夏』 



雑誌「映画秘宝」2008年三月号のその年のベスト作品とワースト作品を決める恒例企画で、宇多丸さんと高橋ヨシキさんのお二人が、同じくベスト10位に選出していた作品で、「ああ、これは観なくちゃ」とずーっと思いつつも、なかなか観る時期を逸してしまい、すっかり僕の頭の中に広がる大宇宙の彼方の怪獣墓場ならぬ映画墓場へと葬られてしまった映画だったのですがっ!!一月に渋谷のクラブアシッドパンダカフェにて行われたタマフルオフ会で、twitterネームtunetakuさんからおすすめして頂いたことでシーボーズのように大宇宙の映画墓場からリターン・オブ・ザ・リビングデッドして、五年の月日を経てようやく観れた映画がこの『THE LOST 失われた黒い夏』なのであります。

って、色々と情報量が多い上に長くて読みづらい文章になったことに関しては無視するとして、この映画大変、素晴らしい作品でした。たぶん、世間的にはあまり知られていない作品だと思いますが、『キラースナイパー』や『ムカデ人間2』等、僕と映画の好みが合う方には間違いなくストライクな作品だと思いますので、こんな感想を読む前にすぐ観てください!そして、いやーないやーな気持ちになってください。


非常にざっくりしたお話。



田舎町に住む若いチンピラ、レイはある日、暇潰しに湖にいた女性二人をライフルで殺害する。
 それから、月日は四年経ち一時は容疑者として疑われたものの結局逮捕されることもなく、いつも通り無軌道なチンピラ生活を送っていたレイだが、ふとしたきっかけから徐々に歯車が狂いだしていき・・・



原作は「鬼畜系作家」(その呼び方凄い)として知られるジャック・ケッチャムの小説「黒い夏」。すいません未読です。ここで、勘のよろしい方なら「原作ケッチャム」「舞台が田舎」「主人公チンピラ」「殺人」というワードから、明るく楽しい映画ではないことだけは予想できると思います。そうです。明るく楽しくないです。なぜなら、主人公である田舎のチンピラ、レイというキャラクターがあまりにもクズい



まず、彼はプライドが高い。というより誇大化している。自分は常にカッコ良くて、強くて、女にもモテちゃう、と思い込んでいるし、周りからそう見られることが生き甲斐。その証拠に彼は、靴に空き缶を入れて身長を高く見せているんですね。自分のことを大きく大きく見せたい人は大変です。

プライドが誇大化しているので、自分は常に王様でなくてはいけません。その為、自分以外の人間は全て「使える」か「使えない」かのモノでしかありません。彼にとって言葉や会話というのはこちらから一方的に話すものなので、相手の考えとか気持ちは関係ないです。相手が何か主張してきたら、とりあえず怒鳴って脅す。それが、ダメなら暴力振るっておしまい。


彼の人間性がとてもよく分かる場面があります。ある日、彼は自分の思い通りにならなかったことがあったので、酷くプライドが傷つけられます。そんな時、一応の彼女(一応と付けたのは彼にとって女はハメる為だけのモノでしかないから)が彼を励ましてあげるのですが、当然彼は人の話を聴きませんから、まぁとりあえずフェラさせます。しかし、それでもイライラが治まりません。じゃあ、どうするか。鏡を見るんですね。だって、鏡には何時も通りのカッコいい自分が写っていますから、それで満足なんです。それが一番の励ましなんです。視野が狭い彼の人間性を非常に端的に示した素晴らしい名場面。いやぁ、イケメンはいいですな。鏡見ただけで励まされちゃうんだから、非常に省エネですね。

どんな言葉よりも鏡に励まされる



ってちげーよクズ。

もうね、正直に白状させて頂きますけど、前々回に書いた『ムカデ人間2』の感想で最低だとかなんだ言いましたけど、本当は僕、かなりマーティンに感情移入していたんです。彼が人々をムカデにしていく様は痛快だったんです。

いや、もちろんマーティンは酷いですよ。許せないですよ。でも、彼は社会から疎外されて生きてきたじゃないですか。バカにされ、蔑まされてきたじゃないですか。だから、僕にとっては、彼が暴力によって人々を、世界を支配していく様は痛快だったんです。そこに、涙したっていいじゃない!映画なんだから。


でもね、レイのように今まで(小さい小さいソサエティの中でだけ)自分の思い通りに生きてこれたから、俺は王様だなんて勘違いしてプライドを誇大化している奴っていうのは心底腹が立つし胸糞悪い。だって、現実にもいるもん。中学生の時にそんな奴ばっか見てきましたよ。死ねってんだ。


しかし、そういう奴っていうのは単純なんですよ。外側ばかりコーティングして中身はなーんにも詰まってないから。
 『オープン・ユア・アイズ』って映画ありましたよね。女にモテモテのイケメンが事故で顔を失ったら、精神崩壊するっていう話でしたけど、あれが分かり易い例ですよ。外側がはがれちゃえば、中身は空っぽ。だから、なーんにも意味がないんです。リメイクの『バニラスカイ』はその空っぽ男をトムクルが演じてたんで、より分かり易かったですが(演じたトムクルはマジで偉いと思う)


まぁ、レイもそういう奴ですよ。でも、それなら、ただのバカナルシストで済むからまだマシ。そういう奴が力を手にしたと勘違いしだしてからが、もう手に負えない。

彼は銃を手に入れて、湖で女を殺したときの心境を、こう語るんですね

 
これって、『ホステル2』の殺人拷問組織で高い金払って、人を殺したがる客側と同じですよね。あれでも、客側の男がこんなこと言ってましたよ「俺たちはこれで本物になれるぞ」


こういう奴らは、たぶん「人殺し」というのを、動物を殺す程度のものくらいにしか思ってないんでしょうね。いやぁクズい。調子こきがやる殺人は、いくら映画だからって全く共感できませんし応援できないですよ。当然、カタルシスだって生まれない。


《警告》ここから若干詳細なネタバレに入ります。




でね、まぁそんな、クズ野郎レイは惚れた、というかSEXが気持ちよかった女にフラれ、一応彼女だった女からも拒絶され、母ちゃんは煩くなり、うざい刑事からマークされていること等の諸々全て自分のプライドが傷つけられたと思い込んだ為、あとは実行あるのみ。銃を手に取り殺戮を開始します。


でね、このクライマックスの殺戮が、まぁすごくて。いきなり始まるんですよ。それも軽快な音楽に乗せて。それでいて、一切の痛快さも皆無。ひたすらアンチカタルシスな感じ。全然規模もテイストも異なりますけど、ちょっと『ランボー最後の戦場』のクライマックスを思いだしたり。

そこから、レイは自分のプライドを傷つけた女を誘拐。奥さんが妊娠している夫婦の家に押し入り、彼らをあんなことしたりこんなこしたりするんですが、ここは映画史上一番不快でした。観ながら「ここにシュワルツェネッガーが殴り込んで、レイの脊髄をバキバキにし、ちんこを切って、生皮剥いで、物質電送機でハエと混ぜて、芋虫人間みたいな姿にして一生生き地獄を味あわせてください。」と心の中でずーっと願っていました。まぁ当然叶わなかったですけど。

ラストのぶつ切り感もいいですね。全くスッキリしなくて。

ってキツいよ。ひたすら胸糞悪かったわ。


という感じで、映画史上一番不快でした。割りとこういうの耐えられる方だと思ったんですが、これはキツい。でも、映画としては本当に素晴らしい映画です。みんな、ジョーカーなんて最高にカッコよくて頭のキレる奴を「真の悪」だなんて言うのは甘過ぎますよ。本当の「真の悪」はもっとクズで薄っぺらでしょうもないですよ。この映画を観ればそれが分かります。おすすめして下さったtunetakuさん本当にありがとうございました。おかげで素晴らしい映画がまた観れました。


では、また今度。

あー胸糞悪い
スポンサーサイト
Posted on 2013/02/27 Wed. 20:19 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

毎月25日の怪獣。第二回『グエムル 漢江の怪物』 



『パシフィック・リム』公開までの7ヶ月間、毎月25日には怪獣、ロボット関係のあれこれを紹介する『パシフィック・リム』勝手に便乗企画の二回目です。ちゃんと予定通り25日に更新できた自分をほめてあげたい。というか、みんなほめて。

前回は僕が涙ぐちょぐちょになりながら名作短編小説『ゴジラの十二段階矯正プログラム』を紹介しましたが、今回は『グエムル』を紹介します。

『グエムル』は僕の生涯ベストの一本でして、間違いなく一年に十回は観る大切な映画。でね、最近当ブログはだらだらと無駄に長くなりつつある傾向なんですが、今回はなるべく短くしたいんです。でも、『グエムル』は魅力が多すぎる!だから、書きたいことも多すぎる!!まず、怪獣映画としての魅力はもちろん書かなくちゃいけないし、ダメ家族のオフビートコメディ的な魅力についても、シニカルな政治風刺映画としての側面も、というか、そもそもポン・ジュノ監督のことも、そしてジャージ姿のペ・ドゥナの魅力についても、ってああ、もうどれから書きゃいいんだ!!


まぁ、でも『グエムル』で一番度肝う抜かれるのはやはりグエムル上陸場面。


最初は橋にぶら下がっていて・・・



河の中に入り・・・


あっ、でもどっかにいっちゃったよ。


しかし、


ふと、向こうを見てみると・・・
 



えっ?



って、おいおい、いきなり過ぎる~


普通こういう場面って「コップの水が揺れて、地響きがして、動物が騒いで~」みたいな、予兆演出があってからの怪獣登場だと思うんですけど、さして予兆も前置きもせずに「突然、カオスの中に自分が組み込まれてしまった」感じの演出をするあたりはさすがのポン・ジュノ

でね、この場面は「ドンドドンドンドドン」ていう心臓の鼓動のような音楽も、いいんですよね~。音楽で言えば、中盤家族が病院から脱走する爆笑の名場面の「パーパーパラパラパッパパー」ていう、何て言うんですかね、間抜けなんだけど哀愁があるような音楽もいいんですよね~。

肝心のグエムルくんもスゲー転けるところが斬新でしたよね。

「痛てっ!」

三枚組のコレクターズBOX(俺は持っているのだ。ワッハッハハ)に入っているコンセプトアート本なんか読むと、当所、ポン・ジュノはグエムルをエビみたいな怪獣にしようとしていたみたいですね。

これだったそうです。っていうかポン・ジュノ絵がお上手。

その後、ああいう両生類的なやつになったみたいですけど、ポン・ジュノはグエムルくんのデザインを見て「スティーブ・ブシェミのようだ」と発言していたんですけど。


ブシェミと



グエムルくん


いや、ブシェミに失礼過ぎるでしょ!CGモンスターと比較されるブシェミの気持ちを想像しなさいよ!もうっ!

と、まぁさっきからあまり『グエムル』映画本編にはあまり触れていないんですけど、それはなぜかって何度も言うように、書きたいことが多すぎるから、下手に書けないんです!!

ほんとね、役者、カメラワークから編集、音楽、脚本、ロケーションに至るまで、全てが芸術的なんですよ。何度観ても惚れ惚れする。


特にクライマックス。ネタバレすると結局ヒョンソが死んでしまって、家族三人がグエムルに復讐する訳ですが、あの抽象的にすら思えてくる霧に包まれた空間の中を、グエムルも家族も関係ない人々も含めた全てが、それぞれの目的を果たすために右往左往して、混乱して、音楽が哀しくも勇壮な感じで、そして、結局全ての混乱が終わって霧の中から太陽が出る・・・

って、自分でもなにを書いているんだかサッパリ分かりませんけど、ポン・ジュノの映画っていつも言語化できないんですよ。ロジックを越えた、その先に突き抜けてしまうと言うか。あとは、各々が観て感じるしかないと言うか・・・こういうのを純映画的な体験だと思うんですけど。


まぁ、結局僕の足りない頭ではポン・ジュノの魅力なんて語れなかった訳ですが、最後にひとつだけ。ペ・ドゥナと言えば黄色いパーカー姿が非常に僕好みなことで有名な『ほえる犬は噛まない』とセーラー服姿でブルーハーツを歌う姿で僕のハートを掴んだことで有名な『リンダリンダリンダ』と弓矢で僕も刺してほしいと思わせたことで世を賑わせた『グエムル』がペ・ドゥナスリートップ作品だと思うのですが、どうでしょう全世界のペドゥニストの方々。因みに僕のペ・ドゥナワースト作品は『空気人形』です。理由は長くなるので語りません。いや、やっぱ語りたい。ほんとさぁ、あのラストは無いと思うんですよね。あれじゃあペ・ドゥナが可愛そ過ぎるじゃない・・・以下延々に続く


では、また今度。

この後ろ姿最高。
Posted on 2013/02/25 Mon. 23:14 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

悪意を撒き散らして/『ムカデ人間2』 

警告》今回の記事は人を不快にさせる文章、画像が多いのでそういうのが苦手な人は読まないでください。あと、僕の人間性をかなり疑うと思います。









最低。

の一語に尽きるんじゃないでしょうか。事前に聞いていた前評判から、それなりに覚悟はしていたんですけど、まさかここまで最低だとは思いませんでした。

でも、この映画に対する最低というのは最大の誉め言葉ですね。だって、観たあとに「最低!」と、観客が言うような映画を作ろう!という、監督含め制作者達の悪意あふれる情熱にこの映画は充ちていますもの。充ち充ちていますもの。


まぁ、なにが最低で、なにに悪意があふれてるって、要は表現、世界観を含めた全てなんですが、その全てを代表した存在は何を隠そう、ってそんな言葉じゃ隠せないほどの映画史上に残る異常な存在感丸出しの主人公マーティンなんです!


どうですか、この身体!



どうですか、この顔!!




演じたローレンス・R・ハーヴェイさんには本当に申し訳ありませんが、見た目がいろいろと凄まじいですよね。でもですね、向井治とか佐藤健だとかの顔も身体もキレイキレイしたつっまんねぇ俳優(べつにこのお二人に恨みはないけどね)だとかよりも、インパクトあるし、なかなか忘れない、というより忘れられない顔だと思いますよ。

でね、マーティンさんは見た目だけでなく中身も行動も凄まじい。まず、彼は幼いときに父親から受けた性的虐待、そして、その性的虐待によって父親が逮捕されてしまったことで、我が子であるマーティンを憎んでいる母親。と、異常で心の腐りきったそんな両親の元で育ってしまったため、心がかなり健康ではないご様子。うんこ漏らしていたって気にならない、オナニーは紙鑢で血まみれになるまでしないと射精できない、生きたままの餌をムカデがばりばり食べるのを見る以外では笑顔になれない、等々書いているだけで「どよーん」とくる描写が満載。


そんな、壊れかけた精神常態に平穏を与えてくれるのは『ムカデ人間』なるドイツのホラー映画。マーティンは地下駐車場の警備員の仕事をしているときは、仕事そっちのけで『ムカデ人間』をリピート観賞。そして、

オリジナル「ムカデノート」を作成し、マーティンにとってあこがれのヒーローハイター博士と同じく「僕もムカデ人間を作るんだ!!」という野望を日々地下で燃やしていた・・・


「って待てよ、『ムカデ人間』?その映画知ってるぞ・・・」
 そうなんです、この『ムカデ人間2』は一作目のハイター博士が蘇って、またムカデ人間ちゃん達を量産する、とかみたいな典型的なよくある続編とは違って、一作目をあくまで「映画」とするメタフィクション映画。

まずね、この設定からして制作者達の挑戦的で、悪意ある覚悟を感じるんですよね。一作目って「肛門と口を接合する」という、変態な設定ながらも本編では巧みに直接的な残酷描写を避けて、むしろ設定から生まれる「不謹慎なユーモラス面」の方を前に出したおかげで、ホラー嫌いの方も観れたし、世界中で話題になるなど、なんだかんだキャッチーな「笑える」映画になっていたと思うんですね。
 だ・け・ど、何度も言うように『ムカデ人間2』はあくまで「映画」だった『ムカデ人間』でハイター博士が行ったことを、「現実」で行おうとする男の物語ですから、安心して「笑える」だなんて甘っちょろい次元ではないわけです。一作目ではちゃんと守られていた「悪は必ず倒される」的な物語内倫理感も、エンターテイメントな部分も皆無。だってこれは現実だから。



でね、マーティンはついに「ムカデ人間ちゃん達をDIYしよう計画!」を実施。夜な夜な駐車場にやって来る、ムカつくカップル、酔っぱらいサラリーマン、妊婦、マッチョ男、モデル風きゃぴきゃぴ女、とにかく目につく腹の立つ奴らは、足を撃ち抜いて後頭部をバールでポカンっと一発、そのまま倉庫に運んで着々とムカデパーツを集めていく。うーん、なんとも単純な計画。

因みに、この辺りのパーツにされていく人達のチョイスに関しては「すきなものだけでいいです」という人気ブログで、かなり興味深い考察がされているので、気になる方は是非とも読んでみてください。


ムカデパーツ集めに勤しむマーティンは、ついに母親への不満が爆発。母親の顔面をバールで連打、また連打し

こんなことになってしまいました。


その後も、自分にさも理解がある風に接していていて、実はマーティンの心のことなんか丸っきり考えていないクソ医者が車の中でやっすい売春婦にフェラさせているところを目撃したので、

ハードボイルドタッチにガバメントでパーン!!

この映画の突出している部分の一つは登場人物一人残らず感じ悪いってとこでしょうね。特にマーティンの身近な存在である母親と医者の心の腐りっぷりは、観ているこちらの目まで腐りそうですよ。



ムカデパーツに関係ない人までも殺したところで、ついにムカデパーツ集めも佳境に入る。最後のムカデパーツとしてマーティンが選んだのは、な、な、な、なんと『ムカデ人間』の主演女優!「タランティーノの新作映画のオーディション」だなんて2秒でバレそうな上に怪しすぎる嘘に、のこのことやって来た主演女優を、必殺の不意打ちバールで後頭部にポカンっ。

はいっ、ムカデパーツコンプリート~!

素晴らしすぎる絵面


まぁここからは本当に阿鼻叫喚の地獄絵図の連続なわけです。なんせ、マーティンはハイター博士と違って医学的な知識が皆無ですから、日曜大工程度のノリでムカデ人間をDIYしていくんですけど、ここはね、ほんと冗談抜きで最低最悪なんですよ。さすがに画像は掲載しませんが、歯を一本一本金づちで折ったり、肛門と口を無理矢理ホチキスで繋げたり、とにかく血まみれ。ここはつくづく「ああ、白黒で良かったんだな」と納得しました。


そして、ついにムカデ人間ちゃん達の完成!



ついにムカデ人間が目の前で実現したことにマーティンが思わず涙・・・

ってね、ここですよ。ここなんですよ。フィクションの悪役(というか現実でもそうだけど)って大抵金が目当てで犯罪をしたりするじゃないですか。そういう人達は自分の損得で動くから、内容次第では交渉にも応じてくれるだろうし、まぁ単純なんです。他には「世間に注目されたかった」とかみたいなくっだらねぇ動機で犯罪起こす悪役(これも現実にもいるか)とか、まぁいずれにしても大抵犯罪の動機ってしょうもないと思うんですけど、マーティンの場合はくだらない損得とか悪しき自己顕示欲ではなく、ムカデ人間を創りたい!見てみたい!という、非常に単純で純粋な理由。これこそが、邪心無き悪=邪悪だと思うんです。
 で、この涙はそんな邪悪な存在がついに目的を達成した瞬間の涙なんです。もうね、僕の人間性をいくら疑ってもいいので、はっきり言わせてもらいますけど、この涙は映画でこそ描くことができる世界で一番美しい涙だと僕は思うのですよ!このマーティンの涙に比べたら、卒業式で友を思って流す涙とか、みんなで一丸となって何かをやり遂げたときの涙だとかは、酔っぱらいが捻り出す小便に思えるくらいバカバカしいですね。そんな涙は道端の雑草にでもくれてやれってんだブツブツブツ・・・


ムカデ人間を完成させれば、あとはもうマーティンの思い通り。

自分の周りをくるくる回らせています。

声を出して爆笑



極めつけは、ムカデ人間に下剤を注射して行われるうんこリレー。ただしホチキスによる接合なので、うんこはだだ漏れ。しかも、映画自体白黒なのにうんこだけご丁寧に茶色く着色されている親切設計。

これにはさすがの張本人も



嘔吐、ってあなたがやらせたんでしょーが!


その後の展開はもうサラっと書きます。マーティンはその後最後尾の女性を〇〇の〇〇に〇〇〇〇巻いた状態で犯した挙げ句、ムカデ人間が分列して2つのチームに分かれたので、怒って一人ずつ射殺。しかも、死んだと思って放置していた妊婦が脱走。車に乗り込み車内出産して、産み落とした我が子ごとアクセル踏んでおさらば。更に怒りが頂点に達するマーティンの隙を突いてムカデの先頭にされていた『ムカデ人間』主演女優が逆襲!マーティンの肛門にムカデをIN!


体内をムカデにムシャムシャかみちぎられ、とにかく泣き叫びながらマーティンは何処かへ去っていきましたとさ、めでたしめでたし・・・・と、思ったら何事も無かったかのように駐車場で警備員の格好をして『ムカデ人間』を観ているマーティン。駐車場全体に子供の泣き声が響く・・・・



で、終了。って、え?夢オチ?それとも本当にあったこと?どっち!?と、まぁこのラストは解釈が分かれると思いますが、僕個人は正直どちらでもいいかなと思っていて。要はこのラストは、マーティンがまんまと反撃されて観客を「映画的」に盛り上げ、安心させておいてからの「映画だからって勧善懲悪でスッキリして終わると思ってんじゃねーぞっ!」というのを改めて叩き突ける為のラストだと思ってるので、別に真相はどうでもいいかな、と。


こんなに人に薦めづらい映画もないですね。観たい人でも割りと覚悟を要するレベルだと思います。でも、僕は年に一本、いや十年に一本でもいいですが、こういう映画も観ておいて絶対に損はないと思うんです。なぜならこの映画は世にごまんとあるきれいごと満載で家族みんなで観れて「タメになる」ことを押し付ける言ってくる映画がひたすら隠すモノを一切隠さず悪意を存分に込めてわんさか見せてくれますから。だからこそ僕はその悪意に心底感動しました。これぞ、価値ある映画。


では、また今度。

「マーティン~」
Posted on 2013/02/25 Mon. 06:04 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。