ゆったりしてる暇はある

 

主に映画の感想だと思いますが、その他の事もダラダラ書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

ホラー映画ベストテン!\(`д´)ノテンッ! 

「男の魂に火をつけろ!」という有名なブログにてホラー映画ベストテンの投票を受け付けていまして。僕もね、そこに投票しようと思ったんですが「俺みたいなバカアホ調子こきクソ生意気あんぽんたん高校生がおこがましいな・・・( ´△`)ソウソウ」という、一定の人に特有の面倒くさい自意識が発動してしまったので投票はせずに、こっちで勝手にやらせて頂きます。「男の魂に火をつけろ」さん、なんだかごめんなさいね。(とは言ってもこのブログは読んでないだろうし)

って事でね、最近僕のブログはだらだら長くなっているので、前置きせずに早速いきます僕のホラー映画ベストテン!!\(`д´)ノテンッ!!


第10位『反撥』



第9位『死霊のはらわた2』


第8位『回路』


第7位『呪怨』(オリジナルビデオ版)



第6位『ハロウィン』(リメイク)


第5位『死霊のえじき』


第4位『ヘルレイザー』


第3位『エクソシスト』


第2位『ホステル』


第1位『悪魔のいけにえ2』




では、順を追って解説していくとまず第10位の『反撥』。尊敬する高橋ヨシキさんの言葉を借りると「一人称主観ホラー」の最高傑作だと個人的には思っています。まぁ「一人称主観ホラー」というのは「考え過ぎは良くないよね映画」という小学生レベルの単純過ぎる言い方に変える事も出来ます。(ってなんじゃそりゃ)

第9位の『死霊のはらわた2』。まぁ、アイディアや斬新さ目新しさでいえば当然一作目だと思いますが、二作目の方が特殊メイクや特殊造形の見せ場、それにスプラッター度も大幅にアップしているので、僕は二作目の方が好きです。

第8位の『回路』ですが、この作品は『リング』の脚本家として知られる高橋洋さんが「黒沢さんの『回路』には完全に終止符を打たれた」と言っているように、日本のホラー映画の到達点的な重要作だと思います。ただ、高橋洋さんの言うように『回路』で完全に終止符を打たれたかに見えた日本のホラー映画界に、それまでとは違った形でその終止符を打ち破ったのが・・・・

第7位の『呪怨』(オリジナルビデオ版)。それまでの日本の恐怖表現が非常に"静"を感じさせるものだったのに対して『呪怨』の場合は"動"的な恐怖表現で、心霊とスラッシャー映画が合体したような映画でもあると思います。全8作品ある『呪怨』シリーズの中で、やはり原点にして断トツで恐かったので、オリジナルビデオ版の一作目を選びました。

第6位『ハロウィン』(リメイク版)。カーペンター監督の『ハロウィン』が言ってしまえば単純なスラッシャー映画(それはそれで当然素晴らしい)だったのに対して、元の『ハロウィン』から一切のファンタジーを抜いて、陰惨な暴力と闇に彩られた誠実な人間ドラマにまで昇華させたロブ・ゾンビの手腕とガッツには称賛を贈らざるを得ないですし、正直僕は元の『ハロウィン』とは比べ物にならないくらい好きです。

第5位『死霊のえじき』。これも『死霊のはらわた2』と同じ理由で、トム・サビーニ御代によるスプラッターゴア描写が満載なので、リビングデッドシリーズでは一番好きです。

第4位『ヘルレイザー』。シリーズで一番人気のある二作目も大好きですが、僕は昼ドラ×ダークファンタジー的なミニマムでいて壮大な世界観を感じさせる一作目が一番好きですね。特に、この映画の最重要人物であるフランクが床下からドロドログチャグチャの大復活を遂げる場面が本当に本当に大好きです。(ってピンポイント過ぎるよ)

第3位『エクソシスト』言わずと知れた傑作ですよね。とにかく鬼監督ウィリアム・フリードキンによる嫌がらせ演出が満載で、映画全体の緊張感がただ事ではないです。あと忘れちゃいけない映画史上に残るゲロ映画でもあります。

第2位『ホステル』。ホラー映画史のみならず映画史に残る歴史的な名作だと断言しても過言ではない映画だと思います。目を背けたくなる残酷描写が満載ですが、実は真っ当なまでにストイックな倫理観に基づいている映画なので、「ホラー映画って悪趣味で残酷でや~ね( -∀-)ヤダヤダ」みたいなステレオタイプな考え方の偏見バカ野郎にこそ観てもらいたい映画です。(台無しな暴言)


そして、栄えある第1位『悪魔のいけにえ2』。楳図かずお先生が「恐怖を突き詰めると笑いになり、笑いを突き詰めると恐怖になる」と言っていましたが、まさしく『悪魔のいけにえ2』は一作目とシフトチェンジして意図的にコメディにしてるにも関わらず、笑いを突き詰め、ギャグを過剰にし過ぎた結果結局ホラー映画になってしまったという、他に類を見ない狂っている異常な映画で素晴らし過ぎます。なので、表面的にはふざけていても本質にデカイ恐怖が流れている映画だと個人的には思っているので、第1位に選ばせて頂きました。


という感じで、僕なりのホラー映画ベストテンをやらせて頂きました。選んだ十本はどれもDVDになっていますので、未見の方は是非とも観て頂きたいと思います。本当にね、ホラーは人類が創り得た最高の娯楽ですので、みんなも明るい気持ちでわいわい楽しくホラー映画を観ましょう!!\(`д´)ノショウッ!!



では、また今度。

「きゃー」
スポンサーサイト
Posted on 2012/11/28 Wed. 02:04 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 1

pagetop △

コメント

こんばんは! 「男の魂に火をつけろ!」管理人のワッシュです。
取りこぼしがないようにtwitterで検索してたら、こちらがヒットしました。

若い人の意見は貴重なので、ぜひ正式にエントリーしてください。
うちのコメント欄に、こちらのURLを貼るだけで参加できますので。

よろしくお願いしますm(_ _)m

washburn1975 #- | URL | 2012/12/02 00:04 - edit

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://youitou.blog.fc2.com/tb.php/10-16fdfed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。