ゆったりしてる暇はある

 

主に映画の感想だと思いますが、その他の事もダラダラ書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

『エクスペンダブルズ2』を観てみましたよ。後編 

『エクスペンダブルズ2』のよく聞く批判として脚本が雑だとか話が適当だとか聞きますが、僕はそんな批判に対して真っ向から反論しようと思います。

まずねぇ、話が無いなんて言ってるバカ野郎はそんな事自分の頭で補えって話ですよ。だって、あのロッキーを演じ、ランボーも演じたシルベスタースタローンが、あのジャン・クロード・ヴァン=ダムとタイマンの決闘をする。っていう、この映画史的な意味合いを感じ取って、話とか理屈は自分の頭で補えばいいんです!だって、スタローンヴァン=ダムが闘うってだけで理屈抜きにスゲェんだからさぁ!!

あと、たぶんこの映画の一番の批判ポイント、というよりツッコミ所(嫌いな言葉)は、まぁチャック・ノリス御代の登場シーンだと思います。どういう登場の仕方かと言うと、大量の敵や戦車が瞬時にして一斉に倒されたと思ったら、アサルトライフル一丁"だけ"を持ってチャック・ノリスがどっからともなく現れる。という強引な登場の仕方をするのですがっ!!。この場面だってさっきと同じく、あの伝説の男ブルース・リーと闘い、『地獄のコマンド』では異常な無敵ぶりを見せ、アメリカではチャック・ノリス・ファクトなんてものが作られるくらいの生きる伝説という映画史的な意味合いを感じ取った上で、ああ、チャック・ノリスだから当然な登場の仕方だよね( ´▽`)フツウダヨと納得するのが、世の常であり自分で映画好きと名乗っている者の義務なんですよ!!そして、あの場面では「チャック・ノリス先生お帰りなさい!( ;´Д`)/シショウ!!と心で叫ぶのが世の常であり自分で映画好きと(以下略)

以上が『エクスペンダブルズ2』に対する僕の思いです。敢えて欠点等は指摘しません。そこら辺は、エクスペンダブルズ愛に溢れる三角締めさんの素晴らしいブログを読んでください。


いや、しかしどうでしたか?僕が非常に論理的に前編、後編に分けて書いた『エクスペンダブルズ2』の感想ですが、自分でも惚れ惚れするくらい論理的な感想というより考察でしたね。まるで、僕がゴダールの映画でも語っているかのような錯覚に人口の半分が陥ったと思います。

って、んな訳ねぇだろがボケい!\(`д´)ノドアホガッ!と皆さんが思っている事は分かってますよ。でもね!想像してみてください、テレンス・マリックを小難しげに語るようなこましゃっくれた高校生よりも、無邪気に純粋に照らいがなく堂々と『エクスペンダブルズ』サイコーだぜHoooooo!!と喜んでこそ高校生であり、"漢"ってもんでしょう!

と、最終的にテレンス・マリックに飛び火させる事で、自分がバカな事を強引に肯定してみました。ごめんね、マリック!今のは忘れていつも通り適当に自然でも撮ってね!!(o゚▽゚)oセイゼイガンバッテネ



では、また今度。(ってこんな締めでいいのか?)
スポンサーサイト
Posted on 2012/11/03 Sat. 19:40 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 1

pagetop △

コメント

チャックがねぇ〜カッコよすぎるのよねぇ〜
三宅監督の特集を聴いてから、“エクスペンダブルズ2はボクとチャックを邂逅させる為の映画”だったのではないかと思う始末。
早く吹き替え版が観たい!!

サンスケ(▲) #- | URL | 2012/11/06 20:40 - edit

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://youitou.blog.fc2.com/tb.php/3-634685d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。