ゆったりしてる暇はある

 

主に映画の感想だと思いますが、その他の事もダラダラ書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

毎月25日の怪獣。第二回『グエムル 漢江の怪物』 



『パシフィック・リム』公開までの7ヶ月間、毎月25日には怪獣、ロボット関係のあれこれを紹介する『パシフィック・リム』勝手に便乗企画の二回目です。ちゃんと予定通り25日に更新できた自分をほめてあげたい。というか、みんなほめて。

前回は僕が涙ぐちょぐちょになりながら名作短編小説『ゴジラの十二段階矯正プログラム』を紹介しましたが、今回は『グエムル』を紹介します。

『グエムル』は僕の生涯ベストの一本でして、間違いなく一年に十回は観る大切な映画。でね、最近当ブログはだらだらと無駄に長くなりつつある傾向なんですが、今回はなるべく短くしたいんです。でも、『グエムル』は魅力が多すぎる!だから、書きたいことも多すぎる!!まず、怪獣映画としての魅力はもちろん書かなくちゃいけないし、ダメ家族のオフビートコメディ的な魅力についても、シニカルな政治風刺映画としての側面も、というか、そもそもポン・ジュノ監督のことも、そしてジャージ姿のペ・ドゥナの魅力についても、ってああ、もうどれから書きゃいいんだ!!


まぁ、でも『グエムル』で一番度肝う抜かれるのはやはりグエムル上陸場面。


最初は橋にぶら下がっていて・・・



河の中に入り・・・


あっ、でもどっかにいっちゃったよ。


しかし、


ふと、向こうを見てみると・・・
 



えっ?



って、おいおい、いきなり過ぎる~


普通こういう場面って「コップの水が揺れて、地響きがして、動物が騒いで~」みたいな、予兆演出があってからの怪獣登場だと思うんですけど、さして予兆も前置きもせずに「突然、カオスの中に自分が組み込まれてしまった」感じの演出をするあたりはさすがのポン・ジュノ

でね、この場面は「ドンドドンドンドドン」ていう心臓の鼓動のような音楽も、いいんですよね~。音楽で言えば、中盤家族が病院から脱走する爆笑の名場面の「パーパーパラパラパッパパー」ていう、何て言うんですかね、間抜けなんだけど哀愁があるような音楽もいいんですよね~。

肝心のグエムルくんもスゲー転けるところが斬新でしたよね。

「痛てっ!」

三枚組のコレクターズBOX(俺は持っているのだ。ワッハッハハ)に入っているコンセプトアート本なんか読むと、当所、ポン・ジュノはグエムルをエビみたいな怪獣にしようとしていたみたいですね。

これだったそうです。っていうかポン・ジュノ絵がお上手。

その後、ああいう両生類的なやつになったみたいですけど、ポン・ジュノはグエムルくんのデザインを見て「スティーブ・ブシェミのようだ」と発言していたんですけど。


ブシェミと



グエムルくん


いや、ブシェミに失礼過ぎるでしょ!CGモンスターと比較されるブシェミの気持ちを想像しなさいよ!もうっ!

と、まぁさっきからあまり『グエムル』映画本編にはあまり触れていないんですけど、それはなぜかって何度も言うように、書きたいことが多すぎるから、下手に書けないんです!!

ほんとね、役者、カメラワークから編集、音楽、脚本、ロケーションに至るまで、全てが芸術的なんですよ。何度観ても惚れ惚れする。


特にクライマックス。ネタバレすると結局ヒョンソが死んでしまって、家族三人がグエムルに復讐する訳ですが、あの抽象的にすら思えてくる霧に包まれた空間の中を、グエムルも家族も関係ない人々も含めた全てが、それぞれの目的を果たすために右往左往して、混乱して、音楽が哀しくも勇壮な感じで、そして、結局全ての混乱が終わって霧の中から太陽が出る・・・

って、自分でもなにを書いているんだかサッパリ分かりませんけど、ポン・ジュノの映画っていつも言語化できないんですよ。ロジックを越えた、その先に突き抜けてしまうと言うか。あとは、各々が観て感じるしかないと言うか・・・こういうのを純映画的な体験だと思うんですけど。


まぁ、結局僕の足りない頭ではポン・ジュノの魅力なんて語れなかった訳ですが、最後にひとつだけ。ペ・ドゥナと言えば黄色いパーカー姿が非常に僕好みなことで有名な『ほえる犬は噛まない』とセーラー服姿でブルーハーツを歌う姿で僕のハートを掴んだことで有名な『リンダリンダリンダ』と弓矢で僕も刺してほしいと思わせたことで世を賑わせた『グエムル』がペ・ドゥナスリートップ作品だと思うのですが、どうでしょう全世界のペドゥニストの方々。因みに僕のペ・ドゥナワースト作品は『空気人形』です。理由は長くなるので語りません。いや、やっぱ語りたい。ほんとさぁ、あのラストは無いと思うんですよね。あれじゃあペ・ドゥナが可愛そ過ぎるじゃない・・・以下延々に続く


では、また今度。

この後ろ姿最高。
スポンサーサイト
Posted on 2013/02/25 Mon. 23:14 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

コメント

予定通り25日に更新して偉い!ヘ(゚∀゚*)ノ

「グエムル」は大好きですけど、グエムルが怖すぎて、
正直、ちゃんと観られない映画だったりします…。
そして、ベストなペドゥナは僕も「ほえる犬は噛まない」だと思います。

カミヤマ a.k.a.三角絞め #ADsh7nmc | URL | 2013/03/01 03:28 - edit

はじめまして

タマフル出演後ぐらいから三角締めさんのブログから飛んできてこっそりと拝見させていただいてます。
自分もグエムル大好きです。グエムルがゆっくり川に落ちる感じとか、走るペドゥナとか、最高ですよね。全部最高ですよね。

自分は最近映画を見始めた者ですので、何かと参考にさせていただいてます!

23さい #SJMMuUIM | URL | 2013/03/04 01:28 - edit

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://youitou.blog.fc2.com/tb.php/30-c3890dad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。