ゆったりしてる暇はある

 

主に映画の感想だと思いますが、その他の事もダラダラ書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

安藤裕子になりたーい。 

たとえ 今が終わっても 後悔はしないように 

いつもあなたに有り難う 

伝えたいよ   



あなたがほら 

素敵な指 

私の方へ向けてくれた 

包み込んでくれて有り難う   

 

きっと 次の世界でも あなたの元へ

生まれおちてこれるよと 

笑ったりして    


あなたの声 

あなたの夢 

小さな体で走り抜ける力になる 



いつも有り難う    




空高く飛べるなら いつも逢いたい 

あなたの方へ    



だきしめたい 




あれ?こんな、汚らわしいゲロの二段重ね(この比喩表現自体が下品)のようなブログで、なにかしらこのすてきな詩は(゚▽゚*)ステキダワえっ?you伊東って人が書いてるの?まぁきっとその人はとってもすてきな方なのね(ノ∇〃 )ホレタワ*。なんて全国100万人の女子高生から昼下がりのマダムまで幅広い女性が思ったと思いますが、これは安藤裕子さんの「六月十三日、強い雨。」という名曲の歌詞です。Youtube等にも動画があると思うので、興味のある方は各自で探してみてください。


でね、僕は安藤裕子さんすごく好きというより理想の人でありあこがれなんですよ。


だって見てください




まず、きれいじゃないですか。




きれいじゃないですか。




きれいじゃないですか。





きれいじゃないですか!!(半ばキレ気味に)


いやね、僕は普段スタローンやシュワルツェネッガーのも筋肉な映画を観てはヒャッホーイ\(`∀´)ノゲヘゲヘと喜ぶ野郎ですけど、実は筋肉に対する憧れとか強くなりたいみたいな願望や思いって微塵も無いし、"男らしく"みたいな言葉や考え方が苦手で、むしろ安藤裕子さんのようになりたいと常日頃思っているんです。

いや、だからって性転換したいとか、同性が好きとかでは一切ありませんけど、なんだろうなぁ"きれい"とか、あと"すてき"みたいな言葉にすごく惹かれるし、あこがれてしまうんですよ。で、まさしく安藤裕子さんは僕からすると"きれい""すてき"で出来てる人なんですよ。


だって、まぁきれいな部分は美人な容姿でしょ。で、すてきな部分は、こう知性が匂い立つ感じな部分ですよ。ただ、先程記載した歌詞からも分かる通り、頭が良いだけでは備わない豊かな感受性独特のセンス。この辺りがすてき(ノ∇〃 )ステキッ。って文字をデカくしましたけど、具体的な事ではなくて抽象的な事しか言ってませんね( ノД`)ダメダコリャ・・


いや、だからね僕は安藤裕子さんのようなオーラを身に付けたいのですよ!!(また半ばキレ気味に)あの、アンニュイな感じにとめどなく惹かれるし、あこがれるんだよなぁ~。


と、まぁたぶん、ここまで読んできて僕の説得力の無さに皆さんが呆れ返った所だと思います。なので、おすすめ安藤裕子ソングを僕なりに選びました!!たぶん、実際に楽曲を聴いて頂いた方が安藤裕子さんの魅力が伝わり易いと思いますし、どんなに雄弁な言葉だって「音楽」には勝てないですからね・・・(と、いい事言ってやったゼ風に)


まず、一曲目!\(`д´)ノキョクメッ!

『水色の調べ』

これは、恋する乙女の気持ちというより『アメリ』みたいな乙女妄想の歌だと個人的には解釈してます。が、すっごく爽やかで瑞々しい曲調になっていてすてき(ノ∇〃 )ステキッですよ~。


二曲目!\(`д´)ノキョクメッ!

『さみしがり屋の言葉たち』


所謂、雨ソングでして『水色の調べ』の瑞々しい曲調とは正反対な感じで、安藤裕子さんの歌詞特有であり独特の"孤独感"が雨という、絵になるモチーフで一番効果的かつ特徴的に醸し出されている曲で、これもまたすてき(ノ∇〃 )ステキッですよ~。特に雨の日の都会かなんかで聴いてほしい一曲です。


三曲目!\(`д´)ノキョクメッ!

『唄い前夜』


安藤裕子さんには前述した、独特の"孤独感"があると思うんですね。まぁこの『唄い前夜』の歌詞の一部を抜粋すると


私はいつまで経っても変われず

諦めの悪い世界を創っては 暮らして


時代は更地の道を越えて

お別れの言葉もなしに流れてゆく


人の波の中 呑まれ消えるのは

いつか君と過ぎた若葉の季節の様で…


という歌詞に代表されるように世界は変わるけど私は変わらないって感じのニュアンス分かりますかね?この『唄い前夜』って曲はまさしく、その事を歌った曲かな。と思います。まぁとにかくすてき(ノ∇〃 )ステキッな一曲ですよ~。


四曲目!\(`д´)ノキョクメッ!

『パラレル』


この曲は今まで挙げた三曲とはうって変わって、非常にスピーディーで疾走感溢れる曲です。で、歌詞としては『水色の調べ』の男女入れ替え版とでも言いますか、男側が恋する気持ちを歌った曲だと思うのですが、あくまでそれはメタファーで、"想い続ける気持ち"があれば、空だって翔べるし、"悲しみも不幸も乗り越えられる"って事を歌った曲かなと思っています。で、僕はこの『パラレル』の歌詞の

悲しみが隙を見て 顔をのぞく日もある

喜びも気が付けば いつも隣にいたよ


という箇所を自分の座右の銘にしています。ってそんな事はどうでもいいや。とにかく、すてき(ノ∇〃 )ステキッな曲ですよ!特に嫌な事があった日なんかに走りながら聴くのがおすすめです!(僕はいつもそうやって聴いてます)


五曲目!\(`д´)ノキョクメッ!

『聖者の行進』


タイトルから宗教ぽい感じを連想するかもしれませんが、まったくもって普遍的な事を歌った曲だと思いますし、この曲が一番、安藤裕子さんという人間を象徴していると思います。まぁ僕がとやかく言う前に自分の耳で聴いてみてください。ちなみに僕はこの曲を心の支えのように思っています。


と、まぁ取り敢えず五曲挙げましたが、僕の解説は、ほとんどすてき(ノ∇〃 )ステキッという飛び道具に頼った解説でしたので、参考にしない方がいいです。でも、安藤裕子さんの楽曲は他にも素晴らしい曲がロッキー山脈の如く(山のようにって事ね)ありますので、聴いてみてください。特に最近Youtubeで公式にPVが大量にアップされてますので、色々探してみてくださいな。


では、また今度。
スポンサーサイト
Posted on 2012/11/10 Sat. 20:39 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 1

pagetop △

コメント

どうも、初めまして!
Twitterから来ましたが、独特のハイテンション加減が絶妙に面白く、
コメントさせて頂きます(笑)。

「安藤裕子になりたい」
私も男ですが、めっちゃ分かります!
別に性同一性障害だとかオカマだとかホモだとかではないですが、
キレイで知的な女性って憧れますよね。
安藤裕子さんってまさに「キレイで知的な女性」と、
いう言葉を具現化したような存在です。
私みたいな輩が「安藤裕子になりたい」とほざくなど、恐れ多いのですが…。

この記事が縁で、他の記事も見させて頂きましたが、とても面白いです。
時々覗かせて頂きますので、お疲れの出ませんように更新して下されば勝手に喜んでいます。

にょろ丸 #h1WNHIMo | URL | 2012/11/10 22:25 - edit

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://youitou.blog.fc2.com/tb.php/6-eb1a7548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。