ゆったりしてる暇はある

 

主に映画の感想だと思いますが、その他の事もダラダラ書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

『エイリアン』シリーズ映画祭。 

先日、とてもとても嫌なことがあってね。まあ、僕の毎日は所詮嫌なことだらけなんですけど、やっぱ、嫌なことがあったときはカラオケに行ってストレス発散、ではなく『エイリアン』シリーズ一気見をするのが最近流行り(特にOL)のストレス発散法(当社調べ)だということで、僕もさっそく『エイリアン』シリーズ1~4と『プロメテウス』の計五本を一気見!つまり『エイリアン』映画祭を家で開催してやりましたよ!(AVPシリーズは除外しました)

夜の10時から始めて、計五本。五本とも微妙に長かったりするので終わったのは、朝の8時!寝ないで五本ちゃんと観ました・・かな。


『エイリアン』

やっぱ、『エイリアン』普通に面白い。名作とされているだけある。ちょっと、今回長くなりそうなので、一作目に関してはこの辺で終わります。


『エイリアン2』

寝ました。だって長いんだもん。キャメロンの映画って長い。これなんか通常版で130分近くあるのに、ディレクターズカットなんか160分ですよ、そこの奥さん。ふざけるなエイリアンで160分はないだろう。

そもそも僕はキャメロンが好きではないし、『エイリアン2』には文句があるんですよ!だってね、皆さん三分ほど時間をあげるので、ちょっと『エイリアン』一作目を思い出してみてください。


ーー三分経過ーー

『エイリアン一作目ってのは、簡単に言えば「宇宙に行ったら正体不明の化け物と遭遇して怖くて怖くてアラ大変」な映画。つまり、この世界には人間には理解できないものが存在するのだ、ということを認識してまう物語。ああ、宇宙にも「知らぬが仏」があるんだなっていう感じ?加えるとエイリアンという生き物から醸し出される神秘的で如何わしいオーラ。何て言うのかな、言い方が難しいんですけど、なんかこう見たくもない宇宙の神秘と遭遇してしまったって感じがいいのですよ。そこが怖い怖いんですね~。陰惨で暗いんですね~。まさしく純然たるホラー映画なんですね~。


ううん、後半から淀長みたいな口調になってしまいましたが、話を戻すと『エイリアン2』はそんな「この世界には人間には理解できないものが存在するのだ」にいや、ガッツと火薬で立ち向かえる!!と高らかに宣言し、『エイリアン』というホラー映画を燃えるアクション映画にトランスフォームさせてしまったのです!

じゃあ、『エイリアン2』嫌いか?と聴かれるとね、まったく嫌いではない(なんじゃそりゃ)だって、序盤の海兵隊がエイリアンたちに襲われるところ最高だし、ごっついクルマみたいなので突っ込んでいくのも最高だし、スタン・ウィンストン師匠によるエイリアンクイーンはマジ最高だし、パワーローダーバトルもすげー最高だし、アンドロイドがぶち切られて牛乳吹き出すのもちょー最高だし、って、目をキラキラ輝かせたバカ小学生みたいな気持ちにされるんだけど、そこで、「いや、リドリースコットにダン・オバノンにHRギーガーらが造り上げた陰惨で暗い神秘的世界が燃えるアクションでぶち壊されるなんてけしからん!!十代のSEXけしからん!!」という、気持ちによってストッパーが掛けられるのです!さっきから、なんだよこの文章。

という訳で、結局『エイリアン2』は嫌いなの。みんなごめんね。


『エイリアン3』

世間はオカシイ。『エイリアン3』ってさぁよく「寝た」とか「退屈」とかいう感想を目にするのですよ。でも、僕からすれば『エイリアン2』こそ寝る時間で、『エイリアン3』からは元気よく起きる時間なの。だって『エイリアン3』こそ一作目の陰惨で暗いテイストを継承しているもん。これこそ、正当な続編。俺からすればむしろ『エイリアン2』こそ番外編。だって、ラストは主人公が自殺だよ。暗ーい。でも、いいね。火薬とパワーローダーでわっしょいじゃないよキャメロン!

という訳で3は素晴らしい。異論は認めないわ!


『エイリアン4』

またまた世間はオカシイ。『エイリアン4』に到っては、もはやつまるつまらないを超えて問題外的な扱いでしょ?ちょっと待ちなさいよ、『エイリアン4』のどこがダメなの!?ジャン・ピエール・ジュネの映像美が、大量の奇形リプリーとかヒューマノイドエイリアンとかによって尽く空回りしている感じが堪らないじゃん。あと、ダン・ヘダヤ(死ぬときに自分の脳みそをつまんでから死ぬのが悪趣味でgood)、ブラッド・ドゥーリフ、ロン・パールマンと言ったクセが強すぎる異常キャストも、もう胃もたれを起こすよ。うげぇ

全てのバランスが狂っていてオカシナな映画として観ると『エイリアン4』は傑作です。普通の映画として観ると?・・・・・そんなこと僕に聴かないでよ。


『プロメテウス』

『エイリアン』一作目の監督リドリースコット御大がついに人類の起源を壮大なスケールで描く!しかもそこにエイリアンも絡むのか・・・?と、思ったらリドリー・スコットはボケたのか、脚本とか演出とかが支離滅裂でとにかくメッチャクチャでワケがサッパリわからない映画になっています。真面目な映画好きなら怒るかも。
 でも、僕は真面目じゃないし脚本や演出が良くできてないからダメ理屈は全ての映画に当てはまる訳ではないと考えています。なので、『プロメテウス』はお話しが支離滅裂でも、他に魅力があるから良いのです。その魅力とはサービス満載悪趣味見世物小屋映画としての魅力!
 この前も書いたけど、やっぱ映画に一番大事なのは「サービス」ですよ。この映画はスゴいよ、ヘビチンコみたいな化け物が腕に巻き付いて「ボキッ」ってしちゃったり(1サービス)。頭がパンパンに膨れ上がった狂暴ゾンビが出てきたり(2サービス)。巨大イカがビチビチ暴れたり(3サービス)。暴力巨人宇宙人がジジイを殴ったり(4サービス)。宇宙船がゴロゴロ転がってきたり(5サービス)等々・・・サービス満載!全部数えれば40サービスはいくんじゃない?わーい!『プロメテウス』楽しいー!


案の定『プロメテウス』の感想が長くなった。以上、五本完走ー!ああ、粘液とシガニーウィーバーの残像が消えない。あと流石に眠い。



『エイリアン』シリーズ個人的な好き度ランキング。

一位『プロメテウス』

二位『エイリアン3』

三位『エイリアン4』

四位『エイリアン』

五位『エイリアン2』

うん、実に偏りすぎなランキングですね。


では、また今度。
スポンサーサイト
Posted on 2013/05/19 Sun. 18:13 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 1

pagetop △

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2017/03/25 19:57 - edit

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://youitou.blog.fc2.com/tb.php/60-b16206dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。