ゆったりしてる暇はある

 

主に映画の感想だと思いますが、その他の事もダラダラ書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

『リアル 完全なる首長竜の日』/頭の中がキモチワルイ(ネタバレなし) 




黒沢清監督作品で全国で大々的に公開されて、しかもそれなりのビッグバジェット作品となると『回路』以来ですかね。でも、まさか綾瀬はるかと佐藤健主演とは思わなかった。だって、ほらこういった流行りの美男美女キャスティングって黒沢清ファンは不安になると思うのですよ。しかも原作ものっていうね。足枷が多くて出来が悪い、というよりも黒沢清色が薄い"普通の映画"になってしまったらどうしよう、と僕も観る前までは思ってました。

けど、どのくらい『リアル』が原作に忠実なのかは分かりませんけど、今回黒沢清監督はかなり好き放題やってるように感じました。それこそ『スウィーホーム』以来?なので、まず"黒沢清映画"(普通の映画とは違う)として超楽しかったです。


前半はね、とにかく黒沢清一流の恐怖演出がまあ楽しい。隣のカップルがビビりまくってましたよ。しかしね、この映画のストーリーは「他人の意識の中に入る」というものなのでジャンルとしてはSFでもあり、本質のテーマはラブストーリーだったりするんです。つまり非ホラーなんですよ。でも、だからこそ前半は黒沢清監督なりの恐怖演出が異物のように気持ち悪く際立ちますね。

床にいきなりいる"アレ"とか、男の子の目への粒子の荒い不自然過ぎるアップ、ゾンビ、人形人間、ぜーんぶ気持ちわるーい。熱の時に見る夢ってなんか気持ち悪いじゃないですか。ああいう感じの気持ち悪さですね。あと、目に見える形ではなく、細かい音で「日常がオカシイ」感の恐怖演出をする辺りはちょっとロマン・ポランスキーぽいなって思ったり(『反撥』を連想させるような"壁のひび"も出てくる)。


後半は一変して、かいじゅ・・・っておっと危ない危ないネタバレするところだった。黒沢清監督は90年代後半(だったと思う)に『リング』の脚本家高橋洋さんと『水虎』という、巨大化した陸ガメが田園地帯を襲うモンスター映画の脚本を書き、映画化しようとしていたのですが、実現には至らなかったのですね。まさしく『リアル』の後半は「黒沢清の『水虎』のリベンジだっ!」と僕は思いました。結構大暴れでね、びっくりしちゃった。


役者さんもみんな良かったです。特に綾瀬はるか!この役にぴったりということだったのか、演出が良かったのか、それとも僕があまりにも綾瀬はるかを舐めていたのか(たぶんそれ)、綾瀬はるか素晴らしかったと思います。特に後半の綾瀬はるかの演技が素晴らしかったお陰で、普段なら甘ったるく感じるラブストーリー部分も僕は結構グッときましたかね。あと、中谷美妃が超怖い。


映画上映後ね、観客は結構戸惑っていましたかね・・・べつに難解な映画ではまったくもってないですけど、それも分かる。でも、どうだろうこんな大々的に公開されてる日本映画のなかでここまで「異色作」という言葉がぴったりな映画もなかなか観れないんじゃないでしょうか。だって、ほら黒沢清監督がまた次回作以降、小規模な映画に戻ってしまったらシネフィルばっか誉める監督になってしまうでしょうから、『リアル』は現在の日本映画界の中でも、そして黒沢清フィルモグラフィーの中でもかなり重要じゃないかしら。ヒット欲しいなあ。無理だろうけど。


では、また今度。
Posted on 2013/06/08 Sat. 20:10 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

『オブリビオン』/新しいSF、っぽい感じ(ネタバレなし) 



「俺が好きなアレコレを使って、俺による俺だけのSF映画を作ってやる!」と、鼻息を荒くさせているジョセフ・コシンスキー監督が目に浮かびます。それくらい、どっかで観たことあるような絵面、どっかで観たことあるような設定、もう手垢が付きまくっていてベッタベタなアレコレばかりですが、なんだかジョセフ・コシンスキーさんの「俺はこれがやりてぇんだ!」という純粋過ぎる熱々の熱意を感じますね。その熱意は画面からカウパー液のように溢れ出てるので、この映画嫌いになれません。

でも、手垢でベッタベタなアレコレの中でガジェッドはなかなか斬新で、素敵でした。


バブルシップね。リアルにこういう乗り物は将来出来ると思う。


大活躍のドローンくん。おっかなかわいい。


スカイタワー。プールも付いてる。住みたい。

なんかさ、未来のガジェッドや建物のシンプルに円と直線だけで出来てる感は「ああ、コシンスキーさんは理系なんだろうな」って感じ。僕は理系はまったくもって苦手なのでね、憧れます。

中盤の狭い岩間でのドローンくんとバブルシップのドッグファイトは、ガジェッドの機能面の斬新さと見せ方も巧いのも相まってなかなかハラハラしました。コシンスキーさんアクションの見せ方はとってもお上手だと思います。

あと、女がみんな(って言うか主に二人)キレイ!かわいい!そしてちょっとエロい!この三拍子素晴らしい。コシンスキーさんの前作『トロン:レガシー』も、ヒロインのクオラ(だっけ)がやたらかわいかったし、コシンスキーさんの女の描きかたにはなんか拘りを感じます。そして、あなたの女の好みがなんとなく分かる。


ストーリーはですね、えーっと某有名ミュージシャンの息子のデビュー作と「映画監督としては最高だが人間としてはクソッタレ」で知られる某有名監督の超有名映画を掛け合わせたような感じです。あえて、細かな説明を省いてる感じすらするのも某有名監督の超有名映画っぽいかも。

それと、これは絶対に忘れてはいけません『オブリビオン』は立派なトム・クルーズ映画です。もうね、この人はそこら辺の自分大好きとは違いますね。『オブリビオン』では自分大好きが突き抜けた結果、ついに人類最高のオトコになってしまいました。これは比喩ではなく、『オブリビオン』ではトム・クルーズが人類最高のオトコなのです。いやぁ、だからあの絵面にはびっくりしたよ。


でも、自分大好きってなーんにも悪くないと思います。皮肉でもなんでもなく、真剣に尊敬しますね。

近年のトム・クルーズ主演映画はどれもクオリティ高いと思いますね。この人、役者以上にプロデューサーとしてもっと評価されていい。だから、「どうせトムクルのくだらないバカSFでしょ」と舐めずに・・・あ、いやいやむしろそれくらい舐めて観に行くといいかもしれません。結構テーマは熱くて、ちょっと物悲しいのでね。


では、また今度。
Posted on 2013/06/07 Fri. 18:36 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

『バレット』/眉間にぶっ放せ!(ネタバレなし) 



「本当にこれは2013年の映画なのか・・・!?」そんな思いが頭を過った。スクリーンで繰り広げられているのは、泥臭い銃撃戦、屈強な男同士の殴りあい、人を殺して捨て台詞・・・・これぞ映画だっ!!


『エクスペンダブルズ』から始まって、『エクスペンダブルズ2』『ラストスタンド』『アイアンマン3』と80年代アクション映画の香り漂う映画が続々公開(今週末公開の『エンドオブホワイトハウス』もそんな雰囲気)している中、ついに80年代に作られていても何ら不思議ではない映画が2013にスタローンと久々のウォルター・ヒルによって出来上がりました。同じ筋肉アクション俳優であるシュワルツェネッガーの『ラストスタンド』は誰が観たって面白いと思える映画だったと思うけど、『バレット』はかなーり観る人を選ぶ。これを面白がれるか、面白がれないかで人の人生は決まる。つまり『バレット』は人生の分かれ道映画だ!自分でもなにを言ってんだかさっぱりだ!

バディムービーだと思ってたんですけど、思いの外バディムービー色は薄いです。サン・カンさんはさして活躍しません。終始スタローンのすべての行動に於いての豪快っぷりにただただ、たじたじです。そりゃそうだ。


あ、でも車中での軽口の叩きあいはいかにもウォルター・ヒルバディムービーぽかったです。

まあ、でもさ観客は1800円払ってサン・カンさんのカッコよさを約二時間観に来たわけじゃなくて、シルベスター・スタローンのカッコ良さを観に来たわけだから、いいのいいのサン・カンさんの印象もバディムービーの印象も薄くて。と、思えるくらい、スタローンが超絶カッコいい。そりゃそうだっつの。

グッときたのは、やはり中盤のサウナでの格闘。もうね、むっさいおっさん二人が「うぉー」「うあッ!」と雄叫びをあげながらひたすら殴りあう、って「俺は2013年になにを観てるんだ・・・サイコー!」なんですけど、素晴らしいのはサウナですから、ちゃんと裸であるということ。これは大事よ。エロいお姉さんの裸も大事だけど、屈強な男の裸も非常に大事。映画に必要な要素です。


見よ!このステロイドなどによって鍛え上げられたボディを!シュワルツェネッガーも見習ってください!

そうそう、ウォルター・ヒルとシュワルツェネッガーとサウナと裸と格闘と言えばやはり『レッドブル』を思い出す方も多いんじゃないでしょうか(ていうかレッドブルしか思い出さねぇよ)
『レッドブル』はオープニングの「サウナで裸のシュワルツェネッガーが敵と一緒に窓を突き破り雪山へとダイブ」という異常過ぎて頭がクラクラする一点ですでに名作ですね。

『レッドブル』より「シュワルツェネッガー窓突き破り雪山へとダイブの術」の画像。間違っても「世界ハプニング映像100」の画像ではありませんよ。


話を『レッドブル』から『バレット』へとスムーズに戻しますが、あと良かったところはそりゃクライマックスのジェイソン・モモアVSスタローンの斧バトル。

「この画像でTシャツを作れユニクロ!」とユニクロ本社に叫びたくなるくらい素晴らしい画像。クライマックスが倉庫で一対一のバトルってほんといつの時代の映画なんだ素晴らしい!


そうそう、ジェイソン・モモアとアクション映画と言えば『コナン・ザ・バーバリアン』、そして元祖コナンと言えば『コナン・ザ・グレート』ということでシュワルツェネッガー。なので、このクライマックスのバトルはある意味シュワルツェネッガーVSスタローンと言ってしまっても過言ではない気もしなくもないのが素敵ですね。

因みにシュワルツェネッガーとスタローンは次回作で共演するそうです。

ハリウッド映画界の80年代化が本格的に始まってる気がしますね。


しかーし!この『バレット』の真に素晴らしかった点は大量のおっぱいが見れるところ!一生懸命カウントしたところなんと11組のおっぱい。11組のおっぱいですよそこの奥さん!やっぱ、この映画は80年代からタイムワープしてきたとしか思えないよ。

つまり『バレット』は、僕が世界一尊敬する映画評論家ジョー・ボブ・ブリッグス的な評価をするならば、11組のおっぱい、少なくとも死体50体、車の爆発三回、家の爆発一回、そしてスタローンの裸、ということで『バレット』は星三つ!!(チンコが出てれば星四つ)素晴らしい!80年代の(特にアクション)映画はどれもサイコーだったことを思い出させてくれる、とっても幸せな映画でした。


では、また今度。
Posted on 2013/06/05 Wed. 22:54 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

『ジャッキー・コーガン』レイ・リオッタがボッコボコ。(ネタバレなし) 


すげぇカッコいい海外版のポスターを貼っておきます。

皆さん、どう思います?この『ジャッキー・コーガン』という邦題。原題は『キリング・ゼム・ソフトリー』。なんか似たようなヘザー・グラハム主演のエロ映画もあった気がするけど、そのまま『優しく殺して』でいいじゃんね。なぜに『ジャッキー・コーガン』なんてしたのでしょう。『ジャック・リーチャー』は『アウトロー』にしたのに、『キリング・ゼム・ソフトリー』は『ジャッキー・コーガン』なのね。何故だろう『ジャッキー・コーガン』『ジャッキー・睾丸』・・・


(今までの文章は全て記憶から抹消して)


高橋ヨシキさんが好評価していたので観てみましたが、うん、なかなか面白かったですね。


観ていて面食らったのは、この映画まあ登場人物達がべらべらよく喋る。予告から「クライムアクション」を期待したのでね、ビックリしました。しかもね、思いの外コメディ色が強い。これは、あれですよねジャンルとしては「ダークコメディ」って感じですよね。結構笑えました。

役者さんもみんな素晴らしいですね。ブラピはまあ当然良いとして、事件の発端となるバカな強盗二人もバカ過ぎて良かったし、酒好きのデブな殺し屋も良かったし、僕の大好きなリチャード・ジェンキンスも良かったなあ。タバコを消したときに執拗に指をピッピッピってやるとこ可愛かったよねー。


リチャード・ジェンキンス割と重要な役だったのじゃないでしょうか。


でもね、誰が素晴らしいってそりゃレイ・リオッタ


笑っている時でさえ、目は決して笑わないレイ・リオッタ。

なんですけど、この映画のレイ・リオッタはかわいそうなんです・・・信じられますか?普通はレイ・リオッタ"に"かわいそうなことをされる、なのにこの映画ではレイ・リオッタ"が"かわいそう。え?こんな事態信じられますかそこの奥さん!?


僕ねこの映画は不満もあるんですよ。なんか、ギャング映画のくせに煩い政治的なメッセージが前に出過ぎていて、逆に単純化していてつまらないなあ、とか思ったりするんですけど、そーんな諸々の不満を全てチャラにしてくれるのは、レイ・リオッタリンチシーン。殴られて顔がグチャグチャになって、腹殴って血を吐いて、そしてゲロを吐いて、っていう暴力の過程をスゴくじっくり見せるじゃないですか。こういうのはとても大事。この場面があったお陰で不満とか全部チャラになりましたよ。レイ・リオッタがゲロを吐くところが観れたんだから、そりゃ満足しなくちゃね。


では、また今度。
Posted on 2013/05/14 Tue. 19:30 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 1

pagetop △

作って、治して、立ち向かって。『アイアンマン3』(ネタバレ) 







このポスタービジュアルから嫌な予感がしたんですよ。あと予告。だってさらばーアイアンマンとか言っちゃったり、トニースタークの家が破壊されたり、割れたアイアンマンのヘルメットをキービジュアルにしていたり、なーんだかすげぇハードな展開が予想されて、シリアス方向にいくのかと思ったのですよ。それは、本当に勘弁して欲しくて。だって、『アイアンマン』ですよ!?ヒーローがなんでもかんでも『ダークナイト』みたく悩まれたら困る。そう思っていたのです。観る前はね。


ところがですよ、実際に観てみたらなんてことはない、いつもの、いやいつも以上にひたすら明るく楽しい愉快痛快『アイアンマン』でした。正直言うと僕は過去二作の『アイアンマン』も『アベンジャーズ』なんかも引っ括めてマーベルヒーローコミック映画の中で一番好きです。ヒーローコミック映画の中でもトップクラスに好きかもしれません。それくらい個人的にはグッときました。

その、個人的にグッときたポイントは大雑把に分けて二つあります。一つは


監督シェーン・ブラックのおもてなし精神。


前二作の監督であったジョン・ファブローから今回は、シェーン・ブラックに代わりました。また、『アベンジャーズ』のジョス・ウェドンに続いて一般的には「あなたはだぁれ?」ですけど、分かる人には分かる。シェーン・ブラックは『リーサル・ウェポン』シリーズ、『ラストボーイスカウト』、『ラストアクションヒーロー』、『ロングキスグッドナイト』、そして大傑作『ドラキュリアン』(さっさとDVD出せ!)等、主に80~90年代にアクション映画の脚本家として活躍した人です。俳優として『プレデター』なんかにも出演してます。あれですね、お偉い評論家気取りなんかから、バカだクズだと言われる下に見られがち映画ばかりですね。当然(とか言っては失礼だけど)ラジー賞の脚本賞も受賞してます。ということは、僕の大好物の映画にばかり関わっているということです。いぇーい。

でもね、観る前はなぜ今シェーン・ブラックなのかさっぱり分からなかったですよ。でも、パンフレットのプロデューサーのインタビューによると、『アイアンマン』にロバート・ダウニーJrを起用するきっかけになった作品が、彼が出演した『キスキス、バンバン』という映画なんだそうです。そこでのロバート・ダウニーJrの芝居が良かったんだって。そして、その『キスキス、バンバン』の監督はシェーン・ブラック。

ということは、ある意味シェーン・ブラックがいなければ『アイアンマン』は生まれえなかったってことでもありますよね。だって、『アイアンマン』シリーズの大成功の要因って出演のロバート・ダウニーJrの、そんじょそこらのイケメンハリウッドスターには無い魅力ですもんね。

だから、今回シェーン・ブラックの起用は結構必然的なんですね。

でね、やっぱロバート・ダウニーJrからマーヴェルのプロデューサーを惹き付けるような演技を引き出した張本人なだけに、シェーン・ブラックとロバート・ダウニーJrの相性が、まず最高にいい!前二作以上に社長魅力的でしたよ。マーク42を装着する前に、わざわざレコードプレーヤーから音楽を流してノリノリに踊る感じとか、子供との幼稚で大人げないやり取り、等々ストーリーには直接関係ないようなちょっとした演技やギャグが今回はいちいち最高。中継車に忍び込んだトニースタークと、そこにいた自分の熱狂的過ぎるファンとのギクシャクなやり取りとかも、ストーリーとは直接関係ないけど、トニースタークの魅力がすげぇ伝わるもの。


と、書いてきたように、今回はトニースタークが生身でアクションをしたりと、アイアンマンスーツをあまり着用しないシーンが多いんですね。まあ、それはストーリー的にそうならざるを得ない理由があるんですけど。(その件に関しては後程書きます)で、そこが賛否両論になるのも分かります。でも、僕は生身のシーンが多い分、トニースタークの魅力がより増してる気がするし、何よりもトニースタークが銃でバンバン敵と戦ったりするシーンが、とても90年代アクション映画ぽくて、僕には非常に心地がいいのですよ!中盤、ちょっとエロい感じの女の敵とダイナーで戦って、トニーがガスと電子レンジの組合わせ爆弾で、その女の敵を倒すとかね、このガスと電子レンジの組合わせ爆弾ってのが90年代アクション映画ぽくない?あと、後半の手足だけアイアンマンスーツを着用したトニーが、飛行しながらサブマシンガンで敵を倒していくのとかも、サブマシンガンってのが90年代ぽくない?もう、だからスゲー心地良くて。

というシーン含めて今回は、アクションシーンに関わらず、全体的に色んな要素がすごくてんこ盛り。やり過ぎと言ってもいいかもしれない。感想でもよく「アイアンマン3観ていて疲れた」という意見を多く見掛けるのも、まあ納得ではある。でも、僕はそれら全てシェーン・ブラックから観客へのおもてなし精神だと思っています。「アイアンマンは今回で最後だし、盛大にドカンと盛り上げるか!」ていうさ。


特にやり過ぎなのは、やっぱクライマックス。予告でも散々使われてたアイアンマン42体全員集合はやり過ぎ。でも最高にアガる!!特にハルクバスター(ぽい)やつ。あいつがコンテナ突き破ってドーンと登場した時は燃え死ぬかと思ったね。

そりゃ燃えるさ。

あ、そうそうクライマックスがコンテナごろごろの港ってのがまた90年代アクション映画ぽいよね。しかも、そこに人質が囚われてる(今回は大頭領とペッパーポッツ)ってのも90年代。いや心地いい。

で、これが一番賛否分かれそうというか、実際否定的な感想が多いように感じましたけど、実質ラスボスを倒すのはペッパーポッツなんですよね。また、なんかあの溶岩パワーみたいなのを持ってるうえに片手だけアイアンマンスーツを装着するのも、やり過ぎだけど、だけど、これもおもてなし精神ですよ!だって、アイアンマンシリーズはこれで完結な訳で、今後アイアンマンが拝めるのは『アベンジャーズ』シリーズでしょ?だとしたら、ペッパーポッツの出番なんか滅法減ってしまうじゃない。なので、最後に一花咲かせようってことですよ。いいじゃん、一作くらいペッパーポッツ大活躍でも。だから、あのラストバトル僕は好きよ。


で、今まで書いてきたのは、主にアクション面とか、シェーン・ブラックらしい作風で僕がグッときたポイントでしたが、もうひとつあります。むしろこここそが重要。


トニースタークがもの作りによってアイデンティを獲得。


『アイアンマン3』は相変わらず愉快痛快で、なんて書きましたけど、トニー・スタークは今回かなり苦悩します。それは、自分がアイアンマンスーツに依存していること。及びそれによって愛する人であるペッパーポッツに迷惑をかけていること。

中盤。トニースタークはアイアンマンが無いことから、一時的なパニック状態になってしまうんです。信じられますかあの調子こきボンボン社長がですよ?まあ、でもそれくらい深刻。

たぶんね、この場面クリストファー・ノーランなら30分かけてトニーの苦悩を描写するでしょうね。

しかし、この映画ではトニーのかつてない苦悩を少年の一言が救います。

「じゃあ、なにか作れば?」


それを聴いたトニーは「ああ、そうか」って感じであっさり立ち直り、あくまでもトニースターク自身が使うための武器を、ホームセンターのなんてことないものたちからチャカチャカっと作って危機を脱します。


ヒーローの苦悩をさらっと描いてさらっと解決しちゃうのにも、本当に好感を抱くんですが、この場面で重要なのはトニーを救う言葉である「なにか作れば?」。

やっぱさ、もの作りをする人ってみんな心の喪失感とか隙間とかを埋めようとするために、なにか作るんだと思うんですね。だって満ち足りてる人は作らなくていいんだもん。

で、トニースタークはさ、今までどんなピンチも「なにかを作って」解決してきた男ですよね。だから、この「なにか作れば?」という一言でトニースタークが救われる場面は、しっかりとアイアンマンスピリットを継承しているうえに、全世界のもの作り(どんなものだっていいけど)人間にとっては涙無しには観れない場面ではないでしょうか。この場面は僕も中学生のときの事とか、色々と重なるところがあって号泣しつつも勇気づけられましたね。(あ、でも僕はホームセンターとかちんぷんかんぷんですごい苦手よ)

だからさ、それを踏まえたうえで、トニースタークがクライマックス、アイアンマンスーツの力を借りつつ、あくまでもトニースターク自身で敵と戦っていく場面は、トニースタークの成長物語として、すごく感動的だし燃える場面だと思うんですよね。もちろん、自ら壊していく場面も重要。


そして、全てが丸く収まりラスト。トニースターク邸がかつてあった場所で、落ちているドライバー(これも重要)をトニーが拾って握りしめ、こう言う「私がアイアンマンだ」


これは、当然一作目を踏まえた終わり方として、キレイな終わり方でもある以上に、一作目のラストが「アイアンマンは私だ」だったのに対し、本作では「私がアイアンマンだ」になっているのは非常に重要。同じように聴こえるけど、意味はまるで違う。そうだよスーツがあったて無くたってあんたがアイアンマンだよ。素晴らしいラスト!ラジー賞脚本家シェーン・ブラックお見事!!(ってぶん殴られるね)

しかし、まだ映画は終わっていないよ。エンドロール後につくあれは当然最高に嬉しいサービスとして、エンドクレジットが超楽しい!!今までの、アイアンマン三部作の色んな場面がコラージュされて、そこにスタッフキャストが表記されるんだけど、そこで流れるアイアンマン3のテーマをすごくノリノリで軽快にアレンジしたもがとてもダサい!なんか古臭いですよね。さすが、90年代のシェーン・ブラックって感じだけど、このエンドクレジットがいや、なんかいい。もうずっと観ていたい。


あーあ久々に長く書いちゃったよ。他にもウィリアム・サドラーとミゲル・フェラーという大頭領コンビでアメリカがとっても心配とか、書きたいこといっぱいあるんですけど、もう疲れた・・・。なんだか、支離滅裂で長ったらしい文章を読んでくださり本当にありがとうございました。今のところ『アイアンマン3』は今年ベストです(断言)。




いや、でも『ラストスタンド』も最高だったし『パラノーマン』にも心掴まれたし・・・(以下延々に続く)


では、また今度。

誰か俺に買ってください。
Posted on 2013/05/05 Sun. 19:04 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 1

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。